×

■代表的な眼の疾患

×

×

×

検査機器

  • OCT(光干渉断層計)シラスHD-OCTモデル400

    OCT
    OCT(Optical Coherence Tomography: 光干渉断層計)シラスHD-OCTモデル400とは、網膜(カメラで例えるとフィルムにあたる部分)の断層画像を撮影する検査です。このOCT検査により、診察だけでは分かりにくい網膜の状態が明らかになり、網膜の病気に対する治療方針の決定や、治療効果の判定に役立ちます。 OCTを必要とする代表的な疾患は、黄斑円孔黄斑前膜糖尿病黄斑症、黄斑浮腫、加齢黄斑変性網膜剥離緑内障などです。
  • TONOREF III

    TONOREF III
    オートレフ(屈折度測定・角膜曲率半径測定)+眼圧測定が1台で可能となりました。
  • 角膜形状解析装置(Orbscan:オーブスキャン)

    オーブスキャン
    目の屈折の大半を角膜という組織が担っています。肉眼では把握できない角膜の形状をビデオカメラで撮影し、コンピュータ解析する装置が角膜形状解析装置です。
  • 眼底検査(散瞳検査)

    眼底検査(散瞳検査)
    目の奥の眼底(網膜・硝子体等)の状態を観察します。より詳しく調べるには、目薬をさして瞳孔を広げる散瞳検査を行います。散瞳検査後は数時間から半日、光が眩しく感じたり、手元にピントが合いにくくなるため、お車の運転は避けてください。
    ※検査をご希望の方は受付終了時間の1時間前までにご来院ください。
  • 石原式色覚異常検査表

    石原式色覚異常検査表
    色覚異常がある方にはわかりにくい色の組み合わせを使った表(主に数字)を読んでいただき、色覚異常の疑いの有無を調べます。
  • 視野検査

    いろいろな角度や部位から様々な大きさと強さの光を出して、それが見えるかどうかを調べます。

  • ハンフリー視野計

    ハンフリー視野計
    見える範囲(視野)や欠落部の有無、範囲を調べます。顔と目線を固定して一点を見つめ、周辺に出現する小さな光が見えたら、ボタンで知らせます。片目ずつ行ない、両目の検査が終わるまでに15~30分程度かかります。
    緑内障網膜疾患などの早期発見、検査に必要です。
    ※ハンフリー視野検査をご希望の方はお電話にてご予約ください。
  • FDTスクリーナー

    FDTスクリーナー
    緑内障の疑いを簡単に判別する検査で、検査時間はわずか45秒程度です。緑内障が強く疑われる場合の検査でも、片眼4分程度で終了します。暗室ではなく、通常の照明下で検査を行うことができます。
  • ゴールドマン視野計

    ゴールドマン視野計
    ゴールドマン視野計は、見える範囲と、見える光の感度を調べる検査です。中心の固視灯を見ている状態で、どのくらいの範囲が見えるかを調べます。
  • 角膜内皮細胞検査(スペキュラ)

    角膜内皮細胞検査(スペキュラ)
    角膜の細胞数を調べる検査です。白内障術後や、近視矯正術後(レーシック)、コンタクトレンズの長期装用などにより、角膜の細胞数が減少することがあります。角膜内皮細胞が障害を受け、細胞数が減少すると、角膜全体が白く濁ってきます。角膜内皮細胞は、一度減少すると元に戻ることはありません。
  • アムスラーチャート

    アムスラーチャート
    格子状の図を用いて検査を行い、歪みや視野欠損を大まかに検出します。
  • キャピリア アデノアイ

    アデノアイ
    はやり目の可能性が高い場合に行う検査です。はやり目の原因であるアデノウイルス抗原を迅速に検出する試薬により、
    アデノウイルスによる感染の有無を確認します。
  • アレルギー検査 特異的IgE(Viewアレルギー39)

    アレルギー検査

    一度に39種類のアレルギーの原因を調べることができます。
  • 眼圧検査

    眼圧検査
    眼圧(目の堅さ)を測定します。機器は非接触式(ノンコンタクトトノメーター)と、接触式(アプラネーショントノメーター)があります。検査室では目に空気を当てる 非接触式の器械で測定をします。
  • 矯正視力検査

    矯正視力検査
    視力表を使用し、遠方・近方の裸眼視力、矯正視力を測定をします。基礎検査として行いますが、眼疾患による視力低下の早期発見に繋がります。
  • 細隙灯顕微鏡検査

    細隙灯顕微鏡検査
    スリットランプマイクロスコープを使用し、前眼部(角膜結膜・水晶体、虹彩、硝子体など)の状態を観察します。
  • 隅角検査

    隅角検査
    隅角検査はとくに緑内障を診断する上で欠かせない検査です。隅角の状態を見ることで、緑内障治療のためにレーザーが必要かどうかわかります。
  • 通水検査

    通水検査
    涙の通り道(涙道)の通水障害の有無を調べます。涙たメヤニがたくさん出る 涙道閉塞性の疾患や感染症が疑われる場合、病気の診断をするために行われます。
  • 二段針

    二段針
    通水検査時に使用する針です。涙管の入り口部分に挿入し、洗滌するのに適した針です。
  • シリンジ

    シリンジ
    通水検査時、水を通す為に使用します。
    (医療用具承認番号:13B1X00101000022)
  • 光学式眼軸長測定装置

    光学式眼軸長測定装置(IOLマスター)

    白内障の手術に必要な眼軸長(眼の長さ)や角膜の丸みや前房深度、水晶体厚みなど多くの部分の測定を目に触れることなく一度に測定します。
    ※同医療法人新宿眼科にて導入
    (医療用具承認番号:225AFBZX0013900)

    提供メーカー
    株式会社トーメーコーポレーション

  • 眼軸長・角膜厚測定装置(Aモード)

    眼軸長・角膜厚測定装置

    眼軸長を測定する眼軸長測定モード、角膜厚を測定する角膜厚モード、反射エコーを波形として表示する超音波式眼軸長・角膜厚さ測定装置です。
    ※同医療法人新宿眼科にて導入
    (医療用具承認番号:221AGBZX00298000)

    提供メーカー
    株式会社トーメーコーポレーション

■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。