×

■代表的な眼の疾患

×

×

×

発達性緑内障

発達性緑内障の症状・原因の説明です。
生まれつき房水の出口が異常あり、その流出が悪いために眼圧が高くなり発症します(成長過程に発症)。

ご予約はこちら

発達性緑内障とは

発達性緑内障は成長過程に発症します。ほとんどが生後一年以内に発症し、先天緑内障とされている場合が多いようです。 生まれたばかりの時には、まだ異常がわからず、異常だと認められなくても、それから数年以内に房水の流出系機能の発達に対しての異常が認められる場合には、やはり眼圧が上昇していき、発達緑内障であると診断されます。 このような子どもの早発型発達緑内障発症の頻度というのは、日本ではだいたい十万人に一人程度です。その中で七十五パーセントが両眼に症状が出ます。そしてその八十パーセントが生後一年以内に発症しています。

主な自覚症状

涙や目やにが増えたり、普通の光でもまぶしく感じるようになります。そのため、まばたきが多くなったり、涙を流したりすることがあります。また、まぶたがけいれんするといった症状も現れる場合もあります。

主な自覚症状

1)眼圧検査
2)隅角検査 
3)眼底検査 
4)視野検査

主な治療方法

完治する例はほとんどみられません。薬を用いて眼圧を調整する方法もありますが、手術で眼圧を調整するのが一般的な治療方法となります。そして、手術後は、定期的な通院・経過観察が必要です。

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気・病名の目次に戻る

■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。