医師ご紹介

院内の様子・設備

診療内容・診察時間・アクセス

その他情報

×

眼の病気

代表的な眼の疾患

×

専門治療

コンタクトレンズ処方

×

ご予約方法

WEBから予約する

×

299.斜視について

こんにちは。池袋サンシャイン通り眼科診療所です。
暑い日が続いておりますが、皆様いかが、お過ごしでしょうか。

今週のテーマは「斜視とは」です。

●内斜視
 内斜視は子供のころに発症することが多いです。代表的なものを2つあげると、
1つ目は乳児内斜視と言って生後6ヶ月以内に発症した内斜視で、ほとんどが生後1ヶ月以降に発症します。
両眼で物を見る機能は生後3~6ヶ月の間に発達するため、早期発見・早期治療が必要となってきます。
もう1つは屈折性調節性内斜視と言い、調節をする際に、過剰な眼球の内よせが起こり「より目」の状態になるもので、
強い遠視が原因であるといわれています。1歳半~3歳で発症することが多いです。こちらは眼鏡をかけることで治療を行います。

●外斜視
外斜視は年齢に関わらずみられます。多くみられるものが、間欠性外斜視といって普段目はまっすぐ向いていますが、
疲れたとき・ぼんやりとしているとき等に斜視になるものです。
また片眼が失明している場合・または高度の視力障害がある場合に、
恒常性外斜視といって視力不良の方の目が常に外側に向いているものもあります。
眼精疲労をきたしている場合や整容的に気になる場合などに、治療の適応になることが多いです。


<原因>
 斜視のおこる原因としてはさまざまなものがあります。例えば、上記にもあるように強い遠視がある場合、
他には視力障害、両眼視の異常、目を動かす筋肉(眼筋)や神経の異常、脳腫瘍や糖尿病などの全身疾患でも斜視になることがあります。
 重大な病気が隠れている可能性があるので、まずは医師にご相談ください。

<治療>
屈折性調節性内斜視などの屈折が原因で起こる斜視の場合は、遠視の眼鏡を処方して矯正を行います。
また、ものが二重に見えて不便を生じている場合は、プリズム眼鏡の適応になります。
また斜視の程度が強い場合や、整容面が気になる場合は外科手術を行う場合もあります。
当院では斜視手術は行っておりませんが、診察の上で適応があると判断された場合は、
必要に応じて大きい病院へ紹介状を書くことも出来ます。



●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
●無断での記事転載はご遠慮ください。
●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。
※ すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

池袋サンシャイン通り眼科診療所の
全ての医師の経歴はこちら

視能訓練士 常勤2名・非常勤3名 / 看護師 常勤1名・非常勤1名

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。
※前日から当日にご予約の方は、検査や処置ができないことがあります。

WEBでの当日予約は朝11時まで可能です。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。