46.涙嚢炎

こんにちは、池袋サンシャイン通り眼科診療所です。
少しずつ秋らしくなってきましたね。

今週のテーマは涙嚢炎です。

 

涙嚢炎とは
いつも涙があふれ、眼がしらのあたりが汚いうみで汚れ、目がしらを圧迫すると涙点から膿汁が出てくる病気です。この病気は鼻涙管が詰まり、いつも涙があふれて逆流し、涙目を続けているうちに、細菌類が涙嚢にたまって化膿を起こした状態です。

 

<症状>
なみだ目、目頭の痛み、腫れ、充血などが起こります。

 

<分類>
慢性涙嚢炎と急性涙嚢炎の2種類あります。

 

<慢性涙嚢炎とは>
涙目を不潔にしてほうっておくと、慢性涙嚢炎になります。慢性涙嚢炎を放置しておくと、
時として急性涙嚢炎をおこすことがあるほか、角膜を傷つけるような角膜潰瘍などを起こす場合があります。

 

<急性涙嚢炎とは>
慢性涙嚢炎がすでにあって、ときどき細菌が涙嚢の周囲の組織に出てきて、
まわりに急性のはげしい炎症を起こし、強い痛みと広範囲の赤い腫脹(はれ)とを起こす病気です。

 

<原因>
涙嚢炎は、鼻涙管閉塞の症状がある人が、鼻涙管の上にある涙嚢が細菌感染を起こし膿がでてしまうものです。

 

<検査>
涙点から細い針を用いて生理食塩水などを注入し、鼻やのどの奥に流れてくるかどうかを調べます(涙道洗浄(るいどうせんじょう)、涙洗(るいせん))。
閉塞があると液が逆流してきます。涙嚢にうみがたまっていると、うみが逆流して洗い流されます。

 

<治療> 
鼻涙管閉塞・狭窄の治療と同時に、抗生物質の点眼・服用、涙嚢の洗浄などを行います。

なお、涙嚢部のマッサージを行い症状の改善をはかります。また、鼻涙管にチューブを挿入して、涙道を押し広げることもあります。

眼科専門医による適切な診断と治療が必要です。
不快な目の症状が少しでもある方は、眼科専門医に相談しましょう。

  • 上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
  • ●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
    ●無断での記事転載はご遠慮ください。
    ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。
    ※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

池袋サンシャイン通り眼科診療所の
全ての医師の経歴はこちら

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。
※前日から当日にご予約の方は、検査や処置ができないことがあります。

WEBでの当日予約は朝11時まで可能です。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。

当院紹介

池袋サンシャイン通り眼科診療所の特色と、外来について

コンタクトデビューに親切な池袋の眼科です

学校の目の検査で異常があったら当院で診察できます