不同視

※治療法、治療薬、検査に関しては、全て医師の判断となりますのでご理解の程宜しくお願い致します※

ご予約はこちら

不同視とは

左右眼の屈折状態の差が2D以上ある場合を指します。小児においては5~6%程度の頻度であらわれます。 片目が正視でもう片目に遠視がある場合、片目に弱い近視がありもう片目に強い近視がある場合、片目が近視でもう片目が遠視の場合など、様々です。
お子さんの場合は、片方の目の視力が良いともう片方の目の屈折異常を発見する事が難しく、3歳児健診などで検査をして初めてわかる場合が多いです。
近視」「遠視」「乱視」は、眼鏡・コンタクトレンズ等で矯正します。

不同視により引き起こされる疾患

不同視弱視
片目に遠視などがあると、見えるほうの眼にばかり頼って、もう片方の目の視力が育たない場合があります。これが不同視弱視です。
片目の視力不良は、遠近感や立体感などを支える両眼視機能の発達の妨げになります。
眼鏡の装用や、良いほうの目を隠す遮蔽法などが主な治療です。

眼精疲労
左右の見え方の違いにより、調節のバランスがとれず疲労を訴える場合もあります。

不等像視

不同視を眼鏡で矯正する場合、左右でレンズの厚みが異なるため、レンズを通して見た像の大きさに左右差が生じます。この像の左右差が、不等像視と呼ばれます。
一般的に5%以上の像差が出ると、両眼視に影響がでると言われています。
自覚症状として、頭痛、眼精疲労、吐き気、歪んだ見え方などが挙げられます。
コンタクトレンズで矯正する場合は、レンズが眼に直接乗っているため像の大きさにほとんど影響を与えず、不等像視を引き起こしにくくなります。

眼鏡処方をご希望される方は今お使いの眼鏡をお持ちいただけるようお願いいたします。
また、コンタクトレンズの処方をご希望される方(特に1dayレンズをお使いの方)はレンズのデータ(予備・空き箱でも可)をご持参いただくようお願いいたします。

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気・病名の目次に戻る

池袋サンシャイン通り眼科診療所の
全ての医師の経歴はこちら

視能訓練士 常勤2名・非常勤3名 / 看護師 常勤1名・非常勤1名

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。
※前日から当日にご予約の方は、検査や処置ができないことがあります。

WEBでの当日予約は朝11時まで可能です。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。

当院紹介

池袋サンシャイン通り眼科診療所の特色と、外来について

コンタクトデビューに親切な池袋の眼科です

学校の目の検査で異常があったら当院で診察できます