瞼裂斑炎

※治療法、治療薬、検査に関しては、全て医師の判断となりますのでご理解の程宜しくお願い致します※

瞼裂斑炎(フリクテン性結膜炎)の症状・原因の説明です。
当院で点眼での治療を行ないます。

ご予約はこちら

瞼裂斑炎とは

瞼裂斑炎は、角膜の近くの白く見える結膜に小さな水泡ができ、その周辺が充血する病気です。
軽い場合には、コロついて涙がでる程度ですが、強い場合には痛みもでてきます。

白目部分は球結膜という粘膜で覆われており、目を開いた時一番先に外気に触れるのは黒目と その真横の球結膜です。長年のまばたきによって瞼の裏の刺激の蓄積で球結膜の細胞が増殖し盛り上がり、茶色や黄色みがかります。その盛り上がった部分を瞼裂斑といいます。その部分に炎症が起こることを瞼裂斑炎といいます。

写真中央やや右寄りの盛り上がった部分です。

瞼裂斑炎の原因

原因は外界からの紫外線によるもの、涙液不足による乾燥によるもの、ハードコンタクトレンズによる 物理的な刺激によるものなどが考えられます。 乾燥や埃っぽい環境での慢性的な目の刺激は重要な原因のひとつになり得ると考えられています。ハードコンタクトレンズが原因の場合はサイズ(直径)を小さくして突起部分にふれないようにします。ソフトコンタクトレンズにすると症状が軽減される場合もあります。特にコンタクトレンズ装用者は、人工涙液を処方し、乾燥を防ぐことが大切です。

瞼裂斑炎の症状

瞼裂斑の部分が充血して赤くなる、疼痛などの軽い違和感と少量の目やにがでる事があります。

瞼裂斑炎の治療

主に瞼裂斑炎の治療には、ステロイド剤や非ステロイド性消炎剤の点眼が用いられます。
対策としては紫外線カットの眼鏡や、帽子の着用をお勧めします。 

 

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気・病名の目次に戻る

池袋サンシャイン通り眼科診療所の
全ての医師の経歴はこちら

視能訓練士 常勤2名・非常勤3名 / 看護師 常勤1名・非常勤1名

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。
※前日から当日にご予約の方は、検査や処置ができないことがあります。

WEBでの当日予約は朝11時まで可能です。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。

当院紹介

池袋サンシャイン通り眼科診療所の特色と、外来について

コンタクトデビューに親切な池袋の眼科です

学校の目の検査で異常があったら当院で診察できます