医師ご紹介

院内の様子・設備

診療内容・診察時間・アクセス

その他情報

×

眼の病気

代表的な眼の疾患

×

専門治療

コンタクトレンズ処方

×

ご予約方法

WEBから予約する

×

眼瞼痙攣

眼瞼痙攣とは、眼輪筋(まぶたを閉じる筋肉)が不随意に収縮する病気です。
当院では、点眼治療とボツリヌス療法をご案内いたしております。

ご予約はこちら

※ボツリヌス療法(ボトックス注射)は当院では行っておりません。
新宿東口眼科医院へお問い合わせ下さい。

眼瞼痙攣とは

眼輪筋(まぶたを閉じる筋肉)が不随意に収縮する病気です。
結膜炎角膜炎異物の侵入ドライアイ、ヒステリー、チックなどで起こる
けいれんとは全く別のけいれんです。「本態性眼瞼痙攣」とも呼ばれます。
40~70歳の中高齢者で発症することが多く、
男女の比率はほぼ1対2で女性に多くみられます。

まぶたの開く仕組み


まぶたは、主に眼瞼挙筋が収縮することによって、瞼板が持ち上げられて開きます。

主な原因

明らかな原因は不明ですが、何らかのストレスが考えられます。
眼輪筋を含めて顔の筋肉は脳から出る顔面神経によって制御されていますが、
両側性の眼瞼痙攣の原因は、顔面神経に指令を与える脳の深部(大脳基底核(だいのうきていかく))の異常とされます。
一方、片側性のものは脳を離れたあとの顔面神経が、
筋肉へ至る走行経路の途中で血管や腫瘍などに圧迫されて発症します。

主な症状

初めは下眼瞼がぴくぴくすることから始まりますが、次第に上眼瞼に移行します。
その後、眩しさを感じまばたきが増加したり、明るいところで異常に眩しさを感じたり、
さらに指でまぶたを持ち上げないと見にくいなどの症状が出てきます。
症状が重くなると、自分の意思ではまぶたをあけることができなくなり、
視力には問題ないのに機能的に盲目状態になります。
眩しい光やストレスはこれらの症状を悪化させます。
症状の進行はゆっくりしていますが、そのまま放っておいて自然に治る病気ではありません。
多くの場合は次第に痙攣の回数が増し、人や物にぶつかるなど
日常生活や仕事に大きな支障をきたすことになります。
また、症状は通常、両目に起こりますが、左右差があることも少なくありません。

検査法

診察時に、痙攣が生じていれば診断は容易ですが、
診察時に痙攣が生じていなければ、誘発を試みます。
たとえば、強くまぶたを閉じたり、唇を横に伸ばしたりします。
また、強い光を目に当てたりします。
眼瞼痙攣には、症状が似ている紛らわしい病気がいくつかあります。
検査や診察の結果から、医師はそれらの紛らわしい病気と鑑別し、眼瞼痙攣を診断します。

治療法

ボツリヌス療法

現在、最も安全・確実な治療法は、ボツリヌス菌の毒素を痙攣している筋肉に注射する方法です。
治療時間も短く、通常は入院も不要で、次の日からは、普段と変わりなく生活をできます。
非常に効果の高い治療方法ですが、痙攣を永久に治してしまうものではありません。
2~3ヶ月の間症状を抑えることができますが、何度も繰り返し治療を受ける必要があります。
詳しくは医師にご相談下さい。

薬物治療

人工涙液の点眼や内服薬(抗コリン製剤、抗うつ薬など)を投与します。

手術

難治症例では、まぶたの筋肉や皮膚を短くする手術などがあります。
手術が必要な時は紹介となります。

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気・病名の目次に戻る

■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士 常勤2名・非常勤3名 / 看護師 常勤1名・非常勤1名

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。
※前日から当日にご予約の方は、検査や処置ができないことがあります。

WEBでの当日予約は朝11時まで可能です。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。