×

■代表的な眼の疾患

×

×

×

結膜・強膜の疾患

いずれも、早めに医師の診察を受けることが重要です。

ご予約はこちら

結膜・強膜とは


”しろめ”の表面部分を眼球結膜、まぶたの裏側の部分を眼瞼結膜といい、この膜を両者合わせて「結膜」といいます。

又、強膜は角膜以外の眼球の後ろを守る役目をしており、丈夫な線維状の組織で出来ています。

主な結膜・強膜の疾患

アレルギー性結膜炎

特定の抗原や薬剤により起こる結膜のアレルギー反応です。
花粉症も含まれます。
症状がひどくなった際に上まぶたの内側(眼瞼結膜)をひっくり返して観察すると、まるで石垣のように結膜が凸凹しています(巨大乳頭)。これを巨大乳頭結膜炎といいます。
症状…痒み,流涙,充血、目やになど

結膜下出血

結膜下の小さい血管が破れると、出血した血液が貯留してしまう為、白目が赤く見えます。 多少、目がごろごろしますが、痛みなどはありません。原因はさまざまで、思い当たる誘因がなくても出血します。
症状…充血など

はやり目

短期間・集団的に発生する急性結膜炎で伝染力が非常に強いです。
症状…目やに、充血、痛みなど

角膜混濁

炎症,変性,沈着物などにより、角膜の透明性が失われます。自覚症状がないこともあります。
症状…視力低下など

結膜結石

結膜に分泌物が堆積したものです。
症状…異物感

翼状片

白目の表面を覆っている半透明の膜である結膜が、目頭(めがしら)の方から黒目に三角形状に入り込んでくる病気です。
症状…充血、異物感など。高齢者に多い

瞼裂斑炎

瞼裂斑(黒目の真横が少し盛り上がる症状)に炎症を伴ったものです。
症状…盛り上がりの中央部に炎症が出て、周りが赤くなる、異物感や疼痛など

結膜弛緩症

結膜がたるんでしまった状態です。
症状が強いときは黒目(角膜)へ乗り上がっていることもあります。
症状…涙が出る、異物感、ごろごろするなど

結膜フリクテン

角膜(黒眼)や結膜に丸い隆起のできる病気です。
ブドウ球菌や真菌(カビ)に対するアレルギーです。
症状…充血、異物感など

上強膜炎

白目のいちばん表面にあるのが結膜で、その下にあるのが強膜という白い強い膜です。強膜の表面に接する部分は、比較的血管が多く上強膜といわれ、ここに炎症がおこるのが上強膜炎です。
白目の一部分が赤く充血し、場合によっては、一部が盛り上がった状態になっていることもあります。
症状…まぶしい、涙が出る、目の痛み、目を押さえると痛いこともあります。

強膜炎

強膜(白目)の炎症です。
強膜(白目)が紫色に変色します。
症状…強い痛み、視力の低下、涙量の増加、明るい光がまぶしく感じます。

結膜異物

白目やまぶたの裏側にごみがついた症状です。砂や昆虫など、さまざまなものの飛入が原因でおきます。
症状…異物感・充血・眼痛など

細菌性結膜炎

細菌の感染によっておこる結膜炎です。
原因となる細菌(原因菌)には、ブドウ球菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌、レンサ球菌、淋菌(りんきん)、緑膿菌(りょくのうきん)など、さまざまなものがあります。
症状…充血、膿をもっためやに(眼脂)や、ねばねばしためやに、流涙がおこります。

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気・病名の目次に戻る

■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。