567.眩しいと目を細めてしまうのはどうして

こんにちは。池袋サンシャイン通り眼科診療所です。
寒さの厳しい季節ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回のテーマは「眩しいと目を細めてしまうのはどうして」です。

 

人の目には瞳孔の大きさを変えて目の中に入る光の量を加減するしくみが生まれながら備わっています。
暗い所から明るい所に出ると誰でも眩しく感じるものですが、これは暗い所では瞳が開いたり、

網膜が明るさを感知しやすい状態となったところで、環境が変わったために光が目に入りすぎてしまって起こる現象です。

 

太陽を見たときなど、強い光をあびて眩しいと感じることは正常な反応ですが、何らかの病気によって、眩しさを感じることもありますので注意が必要です。

 

 

眩しいと感じる症状には以下の病気が関連している場合があります。


・白内障
目のなかでレンズのような役割を果たしている水晶体が濁ることで、視力が低下する病気です。加齢に伴い出現することが多く、70代以上の人では80%以上が罹患しているともいわれています。
まぶしさを感じやすくなる他、視界がぼやける、目がかすむといった症状が多いとされています。

 

・ぶどう膜炎
目の「ぶどう膜」と呼ばれている場所が炎症を起こす病気です。まぶしさや痛みを感じたり、充血が起きやすくなったりします。

 

・角膜炎・結膜炎
黒目の表面の炎症を角膜炎、白目の表面の炎症を結膜炎といいます。まぶしさを強く感じるほか、異物感や痛み、かゆみ、充血、涙などを伴うことが特徴です。
とくに角膜炎は視力への影響がでやすいため、心当たりがある場合には早めに受診することが大切です。

眩しさを強く感じる状態が続いていたり、他の症状が出ているという状況ならば、一度受診をお勧めします。


上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談してください。
●一般の方向けですので医学用語が必ずしも厳密ではありません。
●無断での記事転載はご遠慮ください。
●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。
※すでに治療中の方は主治医の判断を優先させてください。

池袋サンシャイン通り眼科診療所の
全ての医師の経歴はこちら

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。
※前日から当日にご予約の方は、検査や処置ができないことがあります。

WEBでの当日予約は朝11時まで可能です。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。

当院紹介

池袋サンシャイン通り眼科診療所の特色と、外来について

コンタクトデビューに親切な池袋の眼科です

学校の目の検査で異常があったら当院で診察できます