518.運転免許取得に必要な視力は?

こんにちは。池袋サンシャイン通り眼科診療所です。
1月に入り、一層冬の深まりを感じますね。今週のテーマは「運転免許取得に必要な視力は?」です。

運転免許を取得するためには、信号・標識・歩行者などが見分けられる視力、周囲の安全を確認しながら運転できる視力があることが必要です。


●免許に必要な視力の合格基準とは?
視力検査の合格基準は、運転免許の種類によって異なります。
① 原付免許や小型特殊免許は両目で0.5以上
② 普通車の免許・二輪免許・限定の中型や大型特殊免許は両目で0.7以上
③ 限定なしの中型や大型免許・けん引免許、第二種免許については両目の視力が0.7以上であること。(※さらに深視力の検査に合格する必要があります。深視力検査とは、物の遠近感や距離感を掴み、立体的に見て判断できる能力があるかを確かめる検査です。)

 

●どのような視力検査をするの?
普通免許の視力検査で行われるのが、ランドルト環検査です。
円形の一部分だけ空いた英文字の「C」のような形状を用いて、視力を確かめます。上・下・右・左・斜め右下など、円形の空いている箇所を答えることで、どこまで小さなものが見えるのかを検査する方法です。

 

 

●視力検査に不合格だった場合はどうするの?
もしも、視力検査に不合格だったときは、メガネやコンタクトレンズなどの視力矯正器具を使って、再検査を受けて合格すれば、免許を取得できます。メガネやコンタクトレンズを装用して視力検査を受ける場合は、あらかじめ申告をしましょう。メガネやコンタクトレンズが必要な場合は、運転免許証の条件欄に「眼鏡等」と記載されます。

安全に快適に運転をするために、一定の視力がなくてはなりません。自分の視力が今どれくらいなのか確認するためにも、一度眼科で視力検査を行いましょう。私たちの医院では、必要に応じてメガネ処方やコンタクトレンズ処方を行っています。初めてのメガネやコンタクトレンズを考えている方でも、安心して使用できるように様々質問にお答えします。

 

 

●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
●無断での記事転載はご遠慮ください。
●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも
当てはまりません。
※ すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

池袋サンシャイン通り眼科診療所の
全ての医師の経歴はこちら

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。
※前日から当日にご予約の方は、検査や処置ができないことがあります。

WEBでの当日予約は朝11時まで可能です。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。

当院紹介

池袋サンシャイン通り眼科診療所の特色と、外来について

コンタクトデビューに親切な池袋の眼科です

学校の目の検査で異常があったら当院で診察できます