医師ご紹介

院内の様子・設備

診療内容・診察時間・アクセス

その他情報

×

眼の病気

代表的な眼の疾患

×

専門治療

コンタクトレンズ処方

×

ご予約方法

WEBから予約する

×

360.ハードレンズのスポイトについて

こんにちは池袋サンシャイン通り眼科診療所です。

日に日に寒くなり、乾燥しやすい季節になってきましたね。

体調を崩しやすい時期ですので、みなさまお気をつけください。

 

今週のテーマは「ハードレンズのスポイトについて」です。

1.ハードレンズのスポイトとは?

 ハードレンズのスポイトとは、ハードコンタクトレンズを外す専用の道具です。

メーカーによってさまざま形はあるようですが、レンズに接触させる部分は吸盤のような形をしています。

こういったスポイトを使用されない場合、まぶたの目じりの部分を上方に引っ張り、まばたきをしてまぶた挟まれたレンズを落とすようにしてハードレンズを外す方法が一般的です。

しかし、この外し方はまぶたを上方に引っ張るため、眼瞼下垂を引き起こす原因のひとつになるのではないかと言われています。それを回避するための方法として、ハードレンズのスポイトを使った外し方があります。また、レンズが眼球に張り付いてしまったり、ズレてしまったりして上記の方法では上手く外れないときにもこのスポイトを使うことで外すことができます。

 

1.スポイトの使い方・注意

 スポイトを使ったレンズの外し方をご紹介しましょう。

①     まず鏡でハードレンズの位置を確認します。

②     スポイトの吸盤の付いていない下方部分を持ち、レンズの真ん中の部分に垂直にあてるとレンズがスポイトにくっつきます。(上手くできない場合はスポイトが傾いていたり、レンズの真ん中の部分からズレてしまっていることが多いです。)

③     スポイトの持ち手を少し上の方に移動させ、軽くつまんでそっと外します。(無理に外そうとして力が入るとレンズの破損の原因になります。)

 上手く使用できれば便利なスポイトですが、注意点もあります。

①スポイトは常に洗浄して清潔に保っておきましょう。

②レンズが入っていない状態でスポイトを眼球に押し当てないでください。目にレンズが入っていると勘違いをしてしまうとこういった事故がおこりますので、鏡でレンズを確認をしてから外しましょう。また、外れないからとスポイトを眼球に強く押し当ててレンズを外そうとするのは眼球を傷つけてしまう可能性がありますので辞めましょう。

一般的な外し方は上記の通りですが、スポイトは作りがメーカーによってさまざまですので、まず付属の説明書をよく読んでからご使用ください。

 

 

 

●上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談してください。
●一般の方向けですので医学用語が必ずしも厳密ではありません。
●無断での記事転載はご遠慮ください。
●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。
※すでに治療中の方は主治医の判断を優先させてください。

■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士 常勤2名・非常勤3名 / 看護師 常勤1名・非常勤1名

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。
※前日から当日にご予約の方は、検査や処置ができないことがあります。

WEBでの当日予約は朝11時まで可能です。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。