医師ご紹介

院内の様子・設備

診療内容・診察時間・アクセス

その他情報

×

眼の病気

代表的な眼の疾患

×

専門治療

コンタクトレンズ処方

×

ご予約方法

WEBから予約する

×

351.コンタクト消毒液のトラブルについて

みなさま、いかがお過ごしですか?池袋サンシャイン通り眼科診療所です。

今回のメルマガのテーマは「コンタクト消毒液のトラブルについて」です。

 

消毒 液として最も普及しているのはソフトコンタクトのお手入れが簡単なMPS(マルチパーパス・ソルューション)です。

MPSとは、ソフトコンタクトレンズの洗浄、すすぎ、保存、消毒を1液で行うことのできる消毒液です。

しかし、使用方法を誤るとトラブルを起こします。

細菌感染による角膜炎、アレルギー性結膜炎などをひき起こす場合があります。

使用上のポイントを参考にしてください。

 

1>保存ケースから取り出して装用する時は、まず手を洗う

角膜の表面は、上皮細胞で覆われています。上皮細胞に傷がなければ
少々目の表面に細菌、カビ、アメーバなどがついても病気になることはありません。
しかし、目に異物感などがある時は、目にみえないような小さな傷があることがあり、感染のリスクが高くなります。

 

2>消毒していないコンタクトレンズは目の中に入れない

ソフトコンタクトレンズは消毒したもの以外使用してはいけません。

一番簡単なのは、1日使い捨てのソフトコンタクトレンズを使用することです。

 

3>ソフトコンタクトレンズのケースは定期的に交換

レンズを消毒しても、レンズケースが汚染されていては、コンタクトレンズも汚染してしまいます。
レンズケースは毎日しっかり洗い、 自然乾燥させることが重要です。
ケースを長期間使用していると、カビが生えたり、細菌がバイオフィルムを形成して
消毒されにくくなることがわかっていますので、ケースは3ヶ月を目安にして、新品と交換しましょう。

 

4>消毒液の効果には限界がある

コンタクトレンズを消毒しても、すべての細菌、カビ、アメーバを死滅させることができる訳ではありません。毎日レンズを手で洗う際にこすって汚れを取り除き、その後レンズを十分すすいで汚れなどを洗い流すことによって、細菌、カビ、アメーバを除去することができます。

 

5>消毒液を適切に使用する

消毒液にコンタクトレンズを漬けるとすぐに消毒されるわけではありません。
指定の時間以上保存することが必要です。

また、ケース内の消毒液をつぎ足すことにより、消毒液の効果が弱くなってしまいます。
当たり前ですがレンズケース内の消毒液は毎日新しいものに交換してください。

 

6>定期的に検診を受ける

自分では気づかない病気の前兆など、定期検査を受けて入れば発見することが可能です。

医師の指導もなく、使用説明書を読まないで誤った使用方法を正しい方法と思いこんでいると危険です。
目の健康を保つために、眼科に定期的に受診することが大切です。

 

7>レンズケア用品は清潔な場所に保管する

コンタクトレンズやレンズケア用品を、細菌やカビが生えやすい場所に保管していると、
レンズ、ケース、ケア用品が汚染されるリスクが高くなります。レンズケア用品は清潔な場所に保管しましょう。

 

8>異常があれば、レンズの装用を中止して、すぐに受診を

充血、異物感、視力低下など症状があれば、その原因を探して、取り除かないかぎり、
症状が重くなってしまう可能性があります。コンタクトレンズの使用を中止して、眼科を受診してください。

池袋サンシャイン通り眼科診療所の
全ての医師の経歴はこちら

視能訓練士 常勤2名・非常勤3名 / 看護師 常勤1名・非常勤1名

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。
※前日から当日にご予約の方は、検査や処置ができないことがあります。

WEBでの当日予約は朝11時まで可能です。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。