医師ご紹介

院内の様子・設備

診療内容・診察時間・アクセス

その他情報

×

眼の病気

代表的な眼の疾患

×

専門治療

コンタクトレンズ処方

×

ご予約方法

WEBから予約する

×

346.暗いところで光が見えるときについて

こんにちは。池袋サンシャイン通り眼科診療所です。

空高く澄み渡るこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 今回のテーマは、『暗いところで光が見えるとき』です。

 
眼に光が当たってないにも関わらず、キラキラと光の点滅を感じたり、暗い部屋で突然稲妻のように光が走って見えることを光視症といいます。これは、網膜に物理的な牽引・圧迫や後部硝子体の移動によって網膜が刺激を受け、実際には存在しない光を感じてしまう症状です。原因として網膜裂孔・剥離や網膜循環障害、ぶどう膜炎、糖尿病網膜症、網膜色素上皮症などでも生じることがあります。


片頭痛を伴う場合は脳の血管が一時的に痙攣して起こる閃輝暗点と言うものです。視野の中心付近にギザギザとした歯車状の閃光が出現し、症状は数分から数十分で治まりますが、その後片頭痛、悪心、嘔吐が起こってきます。これは、脳の血管の病気や過労、睡眠不足などが原因で起こります。

また、頭をぶつけた際に「目から火花がでた」といい、実際、パッと目の前が明るくなったような感じがします。これは、衝撃が網膜の視細胞を刺激し、光として感じることで起こります。

網膜剥離など重大な病気の場合もありますので、上記のような症状を感じた場合はすぐにご来院頂き、精密検査を行う必要があります。精密検査では、瞳孔を開く目薬を使用して目の奥隅々まで確認します。 

 

 

  • 上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
  • 一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
  • 無断での記事転載はご遠慮下さい。

本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません

■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士 常勤1名・非常勤3名 / 看護師 常勤1名・非常勤1名

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。
※前日から当日にご予約の方は、検査や処置ができないことがあります。

WEBでの当日予約は朝11時まで可能です。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。