医師ご紹介

院内の様子・設備

診療内容・診察時間・アクセス

その他情報

×

眼の病気

代表的な眼の疾患

×

専門治療

コンタクトレンズ処方

×

ご予約方法

WEBから予約する

×

307.ものもらいの種類と違いについて

こんにちは。池袋サンシャイン通り眼科診療所です。
皆様いかが、お過ごしでしょうか。

今週のテーマは「ものもらいの種類と違いについて」です。

「ものもらい」とは、麦粒腫と霰粒腫という2つの疾患の総称で、原因や症状はそれぞれ異なっています。
ですが、どちらも人から人へうつることはありません。
麦粒腫と霰粒腫それぞれの特徴についてご紹介いたします。

「麦粒腫」
原因:まぶたにある汗や脂の分泌線に細菌が入り込んで起こる細菌感染です。感染を起こす場所により、
内麦粒腫と外麦粒腫にさらに分類されます。
症状:初期には痛痒さと局所的な赤みが出現し、炎症が強くなると徐々に痛みや赤み、腫れが強くなってきます。
化膿が進むと腫れた部分から膿が出てくることもあります。
治療:一般的には炎症・化膿を抑えるための抗生物質の点眼薬や軟膏が処方され、症状によって異なりますが、
通常1週間程度で良くなります。治療を行っても良くならない場合には、切開をして中の膿を出します。


「霰粒腫」
原因:まぶたにある脂の分泌腺(マイボーム腺)がつまって、しこりができて起こります。
症状:腫れや異物感がありますが、痛みを感じることはほとんどありません。細菌感染を起こし炎症を伴った場合には痛みが出ることもあり、
これを化膿性霰粒腫と呼びます。
治療:一般的には抗生物質の点眼薬や軟膏と、ステロイド(抗炎症剤)の点眼薬や軟膏が処方されます。
しこりの大きさによっては自然に吸収されることもありますが、治療をしても数ヶ月しこりが残ってしまうこともあります。
症状が長引く場合には、切開をして中身を出します。


麦粒腫・霰粒腫のどちらも、薬を使っての治療での完治が難しい場合には切開を行いますが、
切開を行うかどうか、切開の時期は、医師の判断と患者様のご希望により決定いたします。
切開をご希望の場合、一度 担当医師に状態を診せていただき、医師と相談の上で後日のご予約をご案内させていただきます。
お気軽に医師・スタッフへご相談下さい。

●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
●無断での記事転載はご遠慮ください。
●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。
※ すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

池袋サンシャイン通り眼科診療所の
全ての医師の経歴はこちら

視能訓練士 常勤2名・非常勤3名 / 看護師 常勤1名・非常勤1名

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。
※前日から当日にご予約の方は、検査や処置ができないことがあります。

WEBでの当日予約は朝11時まで可能です。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。