267.ウインタースポーツで気をつけるべき眼疾患

こんにちは。池袋サンシャイン通り眼科診療所です。
寒さが肌をさす今日この頃でございますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回のテーマは「ウインタースポーツで気をつけるべき眼疾患」です。

「雪目炎とは」
ウインタースポーツ後に眼が充血したり、痛くなったりした経験はございますか?
これは、紫外線を長時間浴び続けたことにより起こる、雪眼炎(雪目/ゆきめ)という眼疾患で、角膜上皮(角膜の一番外側の膜)が傷付いている状態です。
強い太陽光を浴びること、また、雪面から反射してきた紫外線に眼が長時間さらされることによって、眼表面の角膜に傷が付いてしまいます。
症状は紫外線を浴びて数時間~1日経ってから出始め、ゴロゴロする・痛みがある・充血する・まぶしい等の症状が挙げられます。

「クリニックを受診すると…」
まず、問診において、患者様に詳しくお話を伺います。雪目炎であることを見極める必要があるため、紫外線にさらされたことはなかったかを確かめることが決め手となります。他に、薬物や薬液が目に入ってしまったことはなかったか、また有毒ガスにさらされたことはなかったかも確認します。

「必要な検査」
角膜の表面に傷が付いていると、視力がしっかり1.0ないし1.2まで出ない場合があります。傷の状態を把握するため、また治療効果の判定のため、オートレフラクトケラトメーターで眼のデータを測定した後に視力検査を行います。
また、処方される薬の種類によって副作用が出ることもあるので、眼圧測定も行います。
診察室では、特殊な薬(当院ではフローレス眼検査用試験紙を使用)で眼表面を染色し、傷の具合を確認します。傷が付いている部分は染色されます。

「治療方法」
治療には角膜を保護する効果のある目薬を主に使用しますが、症状によっては抗生剤の目薬や、眼軟膏を併用することもあります。
角膜上皮は再生能力の高い組織であるため、通常は数日で回復します。

「紫外線対策」
角膜は皮膚よりも紫外線の影響を受けやすく知覚も敏感で、傷が付くと強い痛みが出ます。そのため、角膜が紫外線にさらされないよう保護する必要があります。
角膜の保護には、UVカット付きのサングラスやゴーグルが効果的です。サングラスの隙間から入ってくる紫外線には、サングラスやゴーグルと併用してUVカット付きのコンタクトレンズを使用することも有効です。サングラスやゴーグルは雪が吹き込むのを防ぐだけでなく、紫外線から眼を守る役割もあります。
天気の良い日でなくても、紫外線が強い場合があります。ウインタースポーツに出かける際には十分に注意しましょう。

 


症状が出た場合には速やかに眼科を受診し、医師の判断に従い治療をしましょう。
他の疾患との鑑別のため、診察時には紫外線を長時間浴びる環境にいたことを伝えるとスムーズです。

池袋サンシャイン通り眼科診療所の
全ての医師の経歴はこちら

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。
※前日から当日にご予約の方は、検査や処置ができないことがあります。

WEBでの当日予約は朝11時まで可能です。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。

当院紹介

池袋サンシャイン通り眼科診療所の特色と、外来について

コンタクトデビューに親切な池袋の眼科です

学校の目の検査で異常があったら当院で診察できます