248.FDT検査とは

こんにちは、池袋サンシャイン通り眼科診療所です。
9月になりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回のテーマは「FDT(Frequency Doubling Technology)検査とは」です。

1)FDTとは
FDTとは視野検査をする医療機器であり、白と黒の縞模様を交互に反転させた正弦波格子模様を用いて、早期の緑内障を見つける目的で開発された機材です。片眼約45秒程度、両眼でも約3分と測定時間が短いです。

2)FDTの検査方法
検査範囲は中心から上下左右各々の16箇所の方形内でコントラスト感度を測定します。やり方は機械についている画面を覗き込み、画面中央の黒い点を見ていただきます。検査が始まると画面のあちこちにブルブルと揺れて動くものが現れますので、黒い点を見たまま視界にその揺れが入ったら応答ボタンを押すというものです。

3)FDTのメカニズム
網膜神経細胞節の最も余剰性が低いとされるM-cell(大型細胞)系内のメカニズムに直接作用し、これらの部位が障害を受けた部位に呼応する視野欠損を効率良く検出します。そのため、緑内障性の視野欠損がより早期の段階で検出可能とされます。

4)FDTとハンフリー視野計の違い
FDTは網膜の神経線維であるM細胞に直接作用する為、緑内障の早期発見が出来る検査機器です。FDTは従来のハンフリー視野計の様な視力矯正や暗室を必要としない為、人間ドック等にも使われます。また、検査にかかる時間が短く、従来の視野計は片眼3分以上かかりますが、FDTは片眼45秒程と短い為、患者様の身体的、心理的負担が少ないという特徴があります。

5)FDT検査の料金
FDT検査は従来の視野検査に比べ料金が安く済みます。従来のハンフリー視野検査は両眼で1,740円(3割負担)ですが、FDTは両眼で230円(3割負担)です。

6)FDT視野検査ご希望の方へ
当院では緑内障の専門治療を設けております。症状の気になる方、FDTによる検査をご希望の方は当院スタッフ、医師にご相談下さい。

 

 

 

●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
●無断での記事転載はご遠慮ください。
●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。
※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

池袋サンシャイン通り眼科診療所の
全ての医師の経歴はこちら

視能訓練士 常勤2名・非常勤3名 / 看護師 常勤1名・非常勤1名

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。
※前日から当日にご予約の方は、検査や処置ができないことがあります。

WEBでの当日予約は朝11時まで可能です。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。

当院紹介

池袋サンシャイン通り眼科診療所の特色と、外来について

コンタクトデビューに親切な池袋の眼科です

学校の目の検査で異常があったら当院で診察できます