208.緑内障の禁止薬

こんにちは、池袋サンシャイン通り眼科診療所です。日増しに寒さが加わってまいりました。近づく冬を元気に迎えましょう。

今週のテーマは「緑内障の禁止薬」です。
緑内障とは眼圧が高くなり、視野が欠けてくる目の病気です。眼圧が上昇し、視神経を圧迫することで発症します。治療において眼の眼圧を下げることが第一目標となります。
しかし、緑内障では使用できない禁止薬があります。

①抗コリン薬
抗コリン薬は自律神経のひとつである副交感神経が、さまざまな臓器に影響を及ぼすのを抑える薬です。
気管支を広げる働きがあるので、気管支喘息やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の治療薬として利用されています。
また、脳内のアセチルコリンが必要以上に多くなるパーキンソン病・てんかん・狭心症の治療などにも用いられる薬です。
この薬を使用すると瞳を開くとともに房水の出口をふさぎ、その排出を阻害し、眼圧上昇の副作用が現れることがあります。
このほかにも緑内障の症状を悪化させる可能性もあるので禁忌薬とされています。

②注意欠陥・多動性障害(AD・HD)の治療薬
閉塞隅角緑内障の場合に注意欠陥・多動性障害(AD・HD)の治療薬の中には
散瞳の症状があらわれてしまうものもあるため、禁忌の薬とされています。


③抗鬱薬
抗鬱薬には散瞳や眼圧を上昇させてしまう副作用が含まれているのがあります。
比較的新しい抗鬱薬のなかには医師との相談の上で
慎重投与できるものもありますが、急性狭偶角緑内障では使用を禁止されています。

緑内障といっても、そのタイプや治療状況により 禁忌薬の対処が違ってきます。
たとえば散瞳に使用される点眼薬の中には、開放隅角緑内障に適応する一方で、閉塞隅角緑内障には禁忌となる薬もあります。

ご自身で服用されているお薬が禁忌のものかどうか少しでも心配があれば、担当の眼科医師にお尋ね下さい。

池袋サンシャイン通り眼科診療所の
全ての医師の経歴はこちら

視能訓練士 常勤2名・非常勤3名 / 看護師 常勤1名・非常勤1名

診療受付時間

診療受付時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。
※前日から当日にご予約の方は、検査や処置ができないことがあります。

WEBでの当日予約は朝11時まで可能です。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。

当院紹介

池袋サンシャイン通り眼科診療所の特色と、外来について

コンタクトデビューに親切な池袋の眼科です

学校の目の検査で異常があったら当院で診察できます