202.乱視とは

こんにちは。池袋サンシャイン通り眼科診療所です。
読書の秋が近づいて参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、今回のテーマは「乱視」です。

<乱視とは>
通常、目に入る光は目の中でレンズの役割をする部分(角膜と水晶体)で適度に曲げられます。この光が目の奥の壁(網膜)で一点に集まり、その光で出来る「像」が視神経を解して脳に伝達され、私たちは初めてものを認識できるのです。しかし、角膜と水晶体で光を適度に曲げられなくなってしまうことがあります。これを屈折異常といい、乱視はその中のひとつに分類されます。一般的に、乱視の原因は角膜と水晶体の歪みによって引き起こされます。前者による歪みを「角膜乱視」、後者による歪みを「水晶体乱視」といいます。
角膜乱視は、角膜のカーブがある方向に歪んでいる状態のことをいいます。
原因には先天性と後天性のものがあります。先天性の角膜乱視になる原因について考えられる事は、母親のお腹の中に居る胎児の状態と出産時の対処による場合です。また、後天性の原因として最も多いとされるものは、目を細める事により眼球へかかる圧迫と逆さまつ毛です。遠くを無理に見ようとして目を細めたりするような行為を近視の初期にしてしまうと、目の周辺部の筋肉の力によって角膜が押し潰され、変形してしまいます。
水晶体乱視は、水晶体が一定方向に歪んだまま元にもどらなくなった状態のことをいいます。原因には先天性のものと後天性のものがあります。後天的なものでは、眼を酷使することで水晶体がゆがんでしまう場合が多いようです。長時間のパソコンの使用や、楽譜などを長い時間じっと見続けたりすることで、水晶体が斜め下方向に引っ張られた状態で固定されてしまい、元にもどらなくなってしまいます。
乱視があると網膜に焦点が合わなくなり、ものがぼやけて見えるため、ものを正しく認識することができなくなってしまいます。近くも遠くも見にくくなるため必要以上に見ようと目を酷使し、眼精疲労になりがちです。
一般的に、乱視の原因は角膜と水晶体の歪みによって引き起こされます。それぞれ

<乱視の矯正方法>
乱視の矯正にはいくつか方法があります。当院で出来るのは、眼鏡またはコンタクトレンズの処方による矯正です。眼鏡による乱視の矯正には、円柱レンズが使われます。円柱レンズとは、円柱を立てた場合、縦方向に垂直に切り取った形状のレンズです。凹と凸の円柱レンズがあります。この円柱レンズと球面レンズの組み合わせにより、さまざまな乱視に対応するのが一般的です。

● コンタクトレンズによる矯正

(1) 球面ハードコンタクトレンズ
角膜乱視には球面ハードコンタクトレンズでも矯正できます。球面ハードコンタクトレンズでどうして角膜乱視が矯正できるかを説明します。ハードコンタクトレンズは固いため、レンズが角膜に乗ってもその形が角膜の形に沿って変わることがありません。ハードコンタクトレンズと角膜の間に入った涙が、その凹凸の隙間を埋めるため乱視が矯正されます。


(2) 乱視用ハードコンタクトレンズ
(2-1)水晶体乱視矯正用・前面トーリックレンズ
水晶体乱視は、水晶体乱視矯正用・前面トーリックで補正します。普通のハードコンタクトレンズでは角膜乱視のみが矯正されてしまい水晶体乱視が現れるので、必ず乱視用のメガネかコンタクトレンズで矯正することになります。たとえば、アイミーサプリーム(フロントトーリック)は、安定した良好な視力を得るため、レンズ前面をトーリック面として乱視矯正をはかり、レンズ下方にプリズムバラストを設定することでレンズの回転を制御します。
(2-2)強度角膜乱視矯正用・前後面トーリックレンズ
角膜曲率半径の強弱主経線の差が0.4mm を超えるような角膜乱視の場合、通常のハードレンズではレンズのズレ、脱落、ロッキング、圧迫(弱主経線方向)などのために充血を起こすなど、良好な視力や装用感が得られません。アイミーサプリーム(バイトーリック)は、乱視矯正を目的としたレンズ前面設計とともに、角膜形状に合わせたレンズ後面設計により装用感の向上をはかり、フィッティング不良から生じる種々のトラブルを緩和し、快適な装用感を実現します。
「水晶体乱視矯正用・フロントトーリック」 「強度角膜乱視矯正用・バイトーリック」


どのタイプのコンタクトレンズの処方にもしっかりとしたフィッティングが必要不可欠です。当院では乱視用ソフトコンタクトレンズにも1日タイプから2週間タイプ等とご用意がございます。

(3)乱視用ソフトコンタクトレンズ
乱視用のレンズデザインは特殊で、現在2種類あります。
(3-1)ダブルスラブオフ
このデザインのレンズは上下方向が薄く、左右方向が厚い形をしています。レンズの薄い部分を上下のまぶたと眼球で挟み込んでレンズの回転を抑えます。代表的なものでワンデーアキュビューモイスト乱視用・デイリーズアクアトーリック・アキュビューオアシス乱視用などがあります。
(3-2)プリズムバラスト
このデザインのレンズは下方に厚みを持たせています。その厚みがおもりになるのと上まぶたの圧力で厚い方が下を向く力が働き、瞬きのたびにコンタクトレンズが正しい向きになる仕組みです。代表的なものでメダリストワンデープラス乱視用・ワンデーアクエアトーリック・メダリスト66トーリック・IQ14トーリックなどがあります。                   
       
●乱視矯正専用ハードコンタクトレンズの場合はメーカーより処方用テストレンズを取り寄せる必要がありますので、お気軽にご相談ください。
●上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
●無断での記事転載はご遠慮ください。
●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。
※ すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

池袋サンシャイン通り眼科診療所の
全ての医師の経歴はこちら

視能訓練士 常勤2名・非常勤3名 / 看護師 常勤1名・非常勤1名

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。
※前日から当日にご予約の方は、検査や処置ができないことがあります。

WEBでの当日予約は朝11時まで可能です。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。

当院紹介

池袋サンシャイン通り眼科診療所の特色と、外来について

コンタクトデビューに親切な池袋の眼科です

学校の目の検査で異常があったら当院で診察できます