185.花粉症とコンタクト

こんにちは。池袋サンシャイン通り眼科診療所です。
梅雨の季節に入りましたね。皆様いかがお過ごしでしょうか。
今週のテーマは「花粉症とコンタクトレンズ」についてです。
花粉症は春だけと思っている方も多いと思いますが、実は6月から8月はカモガヤなどのイネ科花粉が飛散します。
目のかゆみ、充血、痛み、まぶたの腫れ、涙が止まらないなどの症状がありましたら、それは花粉症かもしれません。
花粉症と予防方法についてはこちら

〇花粉症でコンタクトレンズを使用している方
花粉症の場合ただでさえ目のトラブルが起きやすい状態のうえにコンタクトレンズを装用している人はさらに注意が必要です。通常、目には涙による洗浄作用があり、異物やゴミなどが目に入った場合は涙が洗い流してくれます。しかしコンタクトレンズを装用していると涙による洗浄効果が低下し、アレルギーの元となる花粉が目の中に停滞しやすくなります。また、コンタクトレンズには装用時にはたんぱく質や脂質が付着するので、花粉の汚れも加わり、目の中は汚れの悪循環に陥っている可能性が高いのです。

〇コンタクトを快適に使い目を健康に保つには
1. コンタクトレンズを1日使い捨てタイプに切り替える
2週間や1ヶ月の交換タイプや従来型では、どんなにこすり洗いをしても、たんぱく質を使用することで、ますます花粉がつきやすくなります。その点、1日使い捨てタイプは毎日新しいコンタクトレンズを使用することで、最初から汚れを目の中に入れてしまうリスクを避けられるのです。コンタクトレンズを処方する際に医師と相談した上で、1日使い捨てタイプのレンズを目の症状によってメガネと使い分けることや、1日のうちでも新しいレンズに交換するなどしてみてはいかがでしょうか。また花粉の時期には予備のコンタクトとメガネを持ち歩くことでより快適に過ごせると思います。
2. 「非イオン性」のコンタクトレンズを使用する
コンタクトレンズには「イオン性」と「非イオン性」のコンタクトレンズがあり、「イオン性」は涙の中に帯電している物質を引き付けやすく、汚れやすいと一般に言われています。つまり、「非イオン性」のコンタクトレンズはたんぱく質などのアレルゲンがつきにくいので、花粉症でコンタクトレンズを使用している方にはおすすめです。つまり、「非イオン性」のコンタクトレンズはたんぱく質や脂質を寄せ付けず、花粉にも強いということです。
また、コンタクトレンズは高度管理医療機器ですので、医師と相談したうえで処方を行うようお願い致します。

 


また、当院では花粉症の原因(アレルゲン)を調べる検査や、点眼薬、内服の処方をしております。お気軽にご相談下さい。
●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
●無断での記事転載はご遠慮ください。
●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。
※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

池袋サンシャイン通り眼科診療所の
全ての医師の経歴はこちら

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。
※前日から当日にご予約の方は、検査や処置ができないことがあります。

WEBでの当日予約は朝11時まで可能です。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。

当院紹介

池袋サンシャイン通り眼科診療所の特色と、外来について

コンタクトデビューに親切な池袋の眼科です

学校の目の検査で異常があったら当院で診察できます