107.飛蚊症は治る?

こんにちは。池袋サンシャイン通り眼科診療所です。
日に日に寒くなりもう師走、一年は、早いですね。

今週のテーマは、「飛蚊症は、治る?」です。
「飛蚊症」とは、実際には何もないのに視界にごみや虫のようなものが飛んでいるように見える症状です。黒い点や虫のようなもの、または薄い雲のようなものが視野の中に見え、視線を動かしたとき、それが一緒に移動するように感じることもあります。


<主な原因>
飛蚊症には、大きく分けて2つの種類があります。一つは、①「生理的飛蚊症」です。もう一つは、②「眼の病気が原因の飛蚊症」です。①の「生理的飛蚊症」は、老化やストレスなどが原因と考えられます。②の「眼の病気が原因の飛蚊症」は、網膜裂孔や網膜剥離、ぶどう膜炎などの病気が原因としてあげられます。

<主な症状>
飛蚊症になると、実際には何もないのに目の前を小さな浮遊物、ごみや虫のようなものが飛んでいるように見えます。形状は、糸状だったり、点だったり、半透明の場合もあります。視線を変えても、それらの浮遊物は、一緒に移動します。

<飛蚊症かなと思ったら>
①「生理的飛蚊症」②「眼の病気が原因の飛蚊症」の区別はご本人にはできないのでとにかく医師の診察を受けることが必要です。

<主な検査方法>
飛蚊症では、視力検査等の基礎検査の他、眼底検査が最も重要な検査です。
眼底検査とは、散瞳薬を使って瞳孔を広げ、検眼鏡を使って瞳孔から眼球の奥の網膜の状態を調べます。

<主な治療方法>
先述の②「眼の病気が原因の飛蚊症」は、眼の病気の治療が必要となります。網膜裂孔や網膜剥離などが認められれば、手術を行い治療していきます。多くは、早めの対処が必要となります。また、①「生理的飛蚊症」は、特に治療法はなく、治療する必要もありません。気にしないことが大切です。疲労がたまってくると症状が気になってくるということは多いようですので気になってきたら、休みを取るべきサイ ンだあと思って目を休ませることが大切です。

池袋サンシャイン通り眼科診療所の
全ての医師の経歴はこちら

視能訓練士 常勤2名・非常勤3名 / 看護師 常勤1名・非常勤1名

診療受付時間

診療受付時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。
※前日から当日にご予約の方は、検査や処置ができないことがあります。

WEBでの当日予約は朝11時まで可能です。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。

当院紹介

池袋サンシャイン通り眼科診療所の特色と、外来について

コンタクトデビューに親切な池袋の眼科です

学校の目の検査で異常があったら当院で診察できます