35.黄斑上膜

こんにちは。
池袋サンシャイン通り眼科診療所です。
そろそろ夏本番ですね。

今週のテーマは「黄斑上膜」です。
網膜というのは眼の一番奥に視神経の集まっている組織で、光を感じ取る役割をします。
その網膜の中に、物体を特に鮮明にはっきりと感じることのできる部分があり、それを黄斑といいます。
黄斑上膜とはこの黄斑の上に膜ができる病気なのです。

<原因>
[加齢によるもの]
40歳から60歳くらいになると、眼の大部分を占める硝子体に変性が起こってきて、硝子体が網膜から離れていくのですが、この時に黄斑に硝子体の一部が残ってしまうことがあり、これが分厚くなって黄斑上膜となると考えられています。
[その他]
外傷・ぶどう膜炎など眼の中の炎症が原因となって黄斑上膜ができる場合もあります。

<主な自覚症状>
●視力低下
●物がゆがんでみえる

<検査方法>
視力検査をして、その後眼底の詳しい検査、アムスラーチャートを使用した検査を行います。
●眼底検査
眼底にある網膜の状態をくわしく調べるために行います。検査の前に目薬をさして瞳孔を開きます。まぶしくて近くが見えにくい状態が約3時間続きますが、自然に元に戻ります。
●アムスラーチャート
碁盤の目が描かれた表の中心を患眼で見て、変視症 (見たい部分がゆがんで見る) やコントラスト感度の低下、 中心暗点 (見たい部分が見えない) などの症状の検査をします。

<主な治療方法>
黄斑上膜は、すべて治療が必要というわけではありません。
視力障害や変視症の程度、発症してからの期間などさまざまな条件を考慮して治療方針を決めます。
症状の進行がある場合は、医師との相談、患者様の希望により、硝子体手術を行うことがあります。日常生活に不自由がない場合は、経過観察となります。徐々に発症・進行しますが、失明に至るという病気ではありません。まずは医師に診てもらい、手術、経過観察の要否などを診断してもらいましょう。

●上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。     
●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
●無断での記事転載はご遠慮ください。
●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。
※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

池袋サンシャイン通り眼科診療所の
全ての医師の経歴はこちら

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。
※前日から当日にご予約の方は、検査や処置ができないことがあります。

WEBでの当日予約は朝11時まで可能です。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。

当院紹介

池袋サンシャイン通り眼科診療所の特色と、外来について

コンタクトデビューに親切な池袋の眼科です

学校の目の検査で異常があったら当院で診察できます