医師ご紹介

院内の様子・設備

診療内容・診察時間・アクセス

その他情報

×

眼の病気

代表的な眼の疾患

×

専門治療

コンタクトレンズ処方

×

ご予約方法

WEBから予約する

×

眼球運動障害

精密検査のためにCTやMRIを行ったほうが良いと医師が判断した場合は、設備のある病院への紹介状を書くことができます。精密検査後は、外科治療の必要性の有無なども含めて、今後の方針を医師と話し合います。 気になる症状がある場合は、お気軽にこちらまでご予約ください。

眼球運動は、水平運動、垂直運動、回旋運動からなりたちます。

これらの運動は、外眼筋の運動により成立します。外眼筋は、外直筋、内直筋、上直筋、下直筋の4つの直筋、上斜筋、下斜筋の2つの斜筋、合計6つの筋肉によって構成されています。
それらの筋肉を支配するのが動眼神経、滑車神経、外転神経という、3つの神経です。
これらの筋肉を動かす神経の働きが阻害されるなどすると、眼球運動障害が起こります。

眼球運動障害の主な症状

自覚できる主な症状としては、物が2つに見える複視、両眼の視線が別々の方向を向く斜視などがあります。


気になる症状がある場合は、お気軽にこちらまでご予約ください。

眼球運動障害の主な原因

主な原因は、神経を養っている血管に何らかの原因で起こされた血流障害、神経に起きた炎症、脳腫瘍による神経の圧迫、頭に強い衝撃を受けたことによる外傷などがあります。

眼球運動障害が疑われる場合

眼球運動障害が疑われる場合、原因が何であるかを検査する必要があります。
検査の結果、他の大きな病気が発見されることも少なくありません。
子どもの場合ですと、視機能の発達を阻害してしまう可能性が高いです。早めにきちんとした検査を受ける必要性があります。

当院では、医師の判断において、精密検査のためにCTやMRIを行ったほうが良い場合は、設備のある病院への紹介状をお書きします。

精密検査後は、外科治療の必要性の有無なども含めて、今後の方針を医師と話し合いながら経過を見ていきます。必要であれば、斜視を矯正するプリズムメガネを処方いたします。

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気・病名の目次に戻る

■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士 常勤1名・非常勤3名 / 看護師 常勤1名・非常勤1名

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。
※前日から当日にご予約の方は、検査や処置ができないことがあります。

WEBでの当日予約は朝11時まで可能です。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。