×

■代表的な眼の疾患

×

×

×

心因性視覚障害

「心因性視覚障害」とは、心理的なストレスが原因で、視覚に異常が発生する症状です。
おもに7~14歳くらいの子供の視力が急に落ちたり、視野が狭くなったりするなどの症状が現れることが多いようです。

主な原因

子供の置かれている家庭や学校で起こるさまざまな問題によるストレスが原因となっていることが多いようです。具体的な原因には次のようなものがあります。
肉親の死、両親の離婚、兄弟げんか、兄弟の比較、勉強の強制、メガネへの憧れ、塾やクラブ活動の負担、転校、友人とのけんか、いじめ、教師との不和など心の問題が引き起こす場合が多いようです。

主な症状

心因性視力障害

心因性視覚障害は目の心身症のひとつですが、なかでも最も頻度が高いのは視力の低下で、心因性視力障害とよんでいます。心因性視力障害の場合、近視や遠視や乱視があってメガネをかけても、メガネでは視力がでません。検査しても眼球自体には悪い所がない、このような視力障害は、小学生や中学生などの子どもに多くみられます。

視野の異常

視力検査の他、この病気にかかせない検査に視野検査があります。正常では70度前後ある視野が異常視野を示し、螺旋状視野や管状視野といった症状が現れた場合は、この病気が疑われます。

らせん状視野

視野検査中に視野がどんどん狭くなっていくもの。

管状視野

指標までの距離を変えても、筒を覗いているように、視野が変わらないもの。

色覚異常

色覚では、見えるものが全部ピンク色に見えるなどの、色視症を訴えることもあります。

石原式色覚検査

 

色覚の検査としてもっともよく知られているのが、この検査です。色覚異常者にとって区別しにくい色の組み合わせを使い、隠れている数字や文字を読み取るテストです。

パネルD-15

パネルD-15と呼ばれるテストは、色相環を色の似ている順に並べていくテストです。15個のパネルを並べ替える簡単なものですが、仮性同色表とは違って正常と異常とを区別するためのものではなく、異常の程度を知る検査として大変重要視されています。

この他に暗い所で物が見えない夜盲などの症状を伴うこともあります。また、心因性聴力障害を伴うこともあります。 ※気になる点があった方は、当院にご来院されれば、検査の上、担当医師が説明をさせていただきます。

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気・病名の目次に戻る

■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般外来

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。