×

■代表的な眼の疾患

×

×

×

急性前部ぶどう膜炎


急性前部ぶどう膜炎の症状・原因の説明です。
当院では、瞳孔を広げて眼の奥(眼底部)を詳しく診る眼底検査をしております。

ご予約はこちら

急性前部ぶどう膜炎とは

急性前部ぶどう膜炎は片目に突然発症する、繊維素の析出を伴う炎症の強いぶどう膜炎です。

主な原因

その原因は依然不明ですが、白血球の血液型のようなものを持つことが多いことが分かっています。繊維素とは、血液の中の液体成分である血漿から分離される糊のような物質です。炎症で破壊された組織を補修する役割があります。しかし、この病気で前房に線維素がでてくると、虹彩が水晶体や角膜と癒着してしまう為に眼圧の上昇に繋がり、目に悪影響を及ぼします。また、房水の中に貯まると下方に沈着して「前房蓄膿」と呼ばれる状態を起こします。

急性前部ぶどう膜炎の特徴

この病気の特徴として、「強直性脊椎炎」などの全身病に伴って起こることがあります。これは、脊椎と仙腸関節(背骨と骨盤を結合する関節)に炎症が起こり、軟骨が骨になる原因不明のもので、この患者の約90%がHLA-B27を持っており、そのうちの半数に急性前部ぶどう膜炎が見られます。白人に多く、欧米では強直性脊椎炎はぶどう膜炎の主要原因の一つになっています。

急性前部ぶどう膜炎の治療

治療は症状に応じてステロイド薬、非ステロイド抗炎症薬、散瞳薬の点眼・内服・結膜下注射が行われます。再発することが多いので、異常を感じたら早めに眼科医を受診することが大切です。

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気・病名の目次に戻る

■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般外来

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。