コンタクトレンズ処方の流れ

①受付

まず、問診票を記入します。検査員が検査室へご案内します。

②検査

  • TONOREF IIIで大まかな視力と角膜の曲率を測り、眼圧を測ります。
  • 出た値をもとに視力検査をし、どのくらいの度数が必要か、乱視はあるのか等を確認します。
  • 検査員と一緒にコンタクトレンズを選びます。
  • 選んだコンタクトレンズを装用して、再度視力検査をし、度数の調整をします。

③診察

  • 医師による診察を受けます。コンタクトレンズが目に合っているかだけでなく、目の状態がコンタクトレンズ装用に適しているか等も確認します。

④お会計

  • お会計(お待ち頂いている間に、アンケートをお願いすることがございます。よりよい病院にするために、ご協力をお願い致します。)

⑤レンズ購入

定期検査について

毎日快適にコンタクトレンズを使用していても、ご自身では気づかないうちにコンタクトレンズに傷が付いていたり、眼障害が進行していたりすることがあります。
コンタクトレンズの装着が慣れてくると手入れを怠りがちになったり、誤った使用をしがちなので、自覚症状が無くても定期的にコンタクトレンズと眼の状態をチェックしましょう。
眼やコンタクトレンズに少しでも異常を感じた場合は、検査スケジュールに関係なく、すぐに眼科医に相談してください。

コンタクトレンズ装用のうえでの注意事項

使用期間、1日の装用時間を守って、お手入れの不要な1日使い捨てや寝ている時も装用する連続装用コンタクトレンズ以外のコンタクトレンズは必ずお手入れをしっかり行ってください。角膜潰瘍点状表層角膜炎、角膜新生血管や巨大乳頭結膜炎などに繋がる可能性があります。

コンタクトレンズのケースもきちんと洗い、最長で3ヶ月に1度は交換してください。
洗わずにいると真菌や細菌、アカントアメーバによる感染症の原因になる可能性があります。
また1日タイプのコンタクトレンズは完全な使い捨てなので、お手入れが不要です。

災害時にはコンタクトレンズのお手入れが難しくなりますので、普段は他のタイプのコンタクトレンズをご利用でも、万が一の時に備えて1日タイプのコンタクトレンズもお持ち頂くことをお勧めします。

コンタクトレンズ診療担当医紹介

  • 新川医師
  • 常勤: 新川 恭浩
    (日本眼科学会認定 眼科専門医)

    所属学会:日本眼科学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会

    眼科PDT認定医(PDT認定医とは認定医一覧)、身体障害者福祉法第15条に基づく指定医

    経歴

    平成13年 熊本大学医学部 卒

     

    平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
    平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
    平成20年 高松赤十字病院 勤務
    平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

     

    平成26年10月~ 池袋サンシャイン通り眼科診療所 勤務

  • 初めての方でもご予約できます。

  • 奥山医師
  • 非常勤: 奥山 真也
    医学博士

    経歴

    2003年 新潟大学医学部卒
    2003年 新潟大学病院 眼科学教室 入局
    2009年 新潟大学医学部大学院卒
    2004年 鶴岡市立荘内病院 眼科
    2009年 長岡中央綜合病院 眼科
    2011年 新潟県立十日町病院 眼科
    2012年 長岡赤十字病院 

    主な論文

    Protective effects of free radical scavengers on transient ischemia-induced retinal ganglion cell death

  • 初めての方でもご予約できます。