当院からのメッセージ

コンタクトレンズのトラブルで来院される方へ

コンタクトレンズで起こる眼トラブルには必ず原因があり、その原因として

眼科を受診せずコンタクトレンズを購入している
ベースカーブやサイズ、度数が合っていないコンタクトレンズを装用している
・コンタクトレンズのケア方法を知らず、自己流で使用している
・痛みや異物感があってもコンタクトレンズの装用を中止していない


等、不適切な使用方法をしていることが考えられます。

コンタクトレンズによる眼トラブルを防ぐためには、必ず眼科を受診して処方箋をもらって、コンタクトレンズを作成するようにすることが大切です。

眼科では、安全なコンタクトレンズの紹介をしております。患者様の眼にどのような素材のレンズが合っているのか、ベースカーブや度数は適切かどうか、様々なレンズの中から患者様のご希望を聞きながらレンズの選択をしていきます。
また正しい使用方法やケア方法のご説明もしております。
診察では医師が眼の状態をきちんと確認し、眼の健康状態に合わせたコンタクトレンズの使用方法をご提案することができます。

眼トラブルの中には自覚症状のないものもあります。
眼科で処方されたコンタクトレンズを使用している場合であっても、定期健診を怠ると眼にレンズが合わなくなっていたり、眼が不健康な状態になっていたりしていることに気づかず、知らず知らずのうちに不適切な使用方法となっている場合もあります。
しっかりと定期健診を受けていれば、眼が危険な状態であった場合にすぐ対処ができ、重篤な眼疾患に進行するのを防ぐことができます。

コンタクトレンズは、安全なものを正しい方法で無理なく使用すれば、とても便利なツールです。しかし、一歩間違えると失明に至るような重篤な眼障害を引き起こすこともあります。

当院では、安全なカラーコンタクトレンズやサークルレンズのご紹介・処方、また初めてコンタクトレンズを使用する方への装用指導も行っております。
コンタクトレンズを使用してお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

コンタクトレンズ診療担当医紹介

  • 新川医師
  • 常勤: 新川 恭浩
    (日本眼科学会認定 眼科専門医)

    所属学会:日本眼科学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会

    眼科PDT認定医(PDT認定医とは認定医一覧)、身体障害者福祉法第15条に基づく指定医

    経歴

    平成13年 熊本大学医学部 卒

     

    平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
    平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
    平成20年 高松赤十字病院 勤務
    平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

     

    平成26年10月~ 池袋サンシャイン通り眼科診療所 勤務

  • 初めての方でもご予約できます。

  • 奥山医師
  • 非常勤: 奥山 真也
    医学博士

    経歴

    2003年 新潟大学医学部卒
    2003年 新潟大学病院 眼科学教室 入局
    2009年 新潟大学医学部大学院卒
    2004年 鶴岡市立荘内病院 眼科
    2009年 長岡中央綜合病院 眼科
    2011年 新潟県立十日町病院 眼科
    2012年 長岡赤十字病院 

    主な論文

    Protective effects of free radical scavengers on transient ischemia-induced retinal ganglion cell death

  • 初めての方でもご予約できます。