コンタクトレンズ装用による眼疾患

現在コンタクトレンズは、視力矯正の方法として、多くの人に使用されています。しかしその反面、誤った使い方により、様々な眼障害を引き起こす可能性があります。
角膜の細胞に必要な酸素は主に、外気から眼球表面を覆っている涙の層を通して運ばれます。コンタクトレンズはこの経路を邪魔します。そのため、細胞が酸欠に陥ったり、眼の表面が傷ついたり、さらにはその傷に細菌などが付着して繁殖してしまい、眼疾患を引き起こすのです。ここでコンタクトレンズ使用による主な眼疾患をあげます。

角膜上皮〈じょうひ〉障害


  • ▲点状表層角膜炎
  • 角膜の一番外側の層を上皮といいます。コンタクトレンズによる病気で最も多いのは、この上皮の障害です。レンズの下に入り込んだゴミ、レンズに付着している汚れやケア用品が上皮を傷つけ、痛みや充血などを伴います。重症の場合、最悪失明にいたることもあります。

角膜内皮〈ないひ〉障害


  • ▲正常な角膜内皮細胞

    ▲減少した角膜内皮細胞
  • 角膜の一番内側の層を内皮といいます。内皮は細胞一層で形成されていて、細胞数が減少すると細胞が欠けたスペースを一つ一つの細胞が大きくなって埋めます。
    細胞数が1500個以下になると眼内手術後のトラブルが増加し、1000個以下になるとがんない手術が受けられないこともあります。700個以下になると失明の危険があります。
    原因となるのはコンタクトレンズによる慢性の酸素不足です。とくに非酸素透過性のハードコンタクトレンズ、連続装用、度数の強いソフトコンタクトレンズ、カラーソフトコンタクトレンズを使っている人で、装用時間や年数が長い人は、注意が必要です。

角膜血管新生

  • 本来は無血管で無色透明の角膜に、血管が伸びてくることです。より重度の酸素不足のサインになるので、装用を中止したり、装用時間を短縮したりする必要があります。

巨大乳頭〈にゅうとう〉結膜炎

  • レンズの汚れが原因のアレルギー性結膜炎です。抗アレルギー薬などの点眼やレンズケアの徹底とともに、汚れにくいレンズへの変更をする必要が考えられます。

以上が主なコンタクトレンズ装用で起こる眼疾患です。また、ソフトレンズの場合、ハードレンズよりも気づくのが遅れ、その間に細菌などに感染してしまう恐れがあります。異常を感じたらすぐに装用を中止し、眼科を受診するようにしましょう。

コンタクトレンズ診療担当医紹介

  • 新川医師
  • 常勤: 新川 恭浩医師
    (日本眼科学会認定 眼科専門医)

    所属学会:日本眼科学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会

    眼科PDT認定医、視覚障害者認定医

    経歴

    平成13年 熊本大学医学部 卒

     

    平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
    平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
    平成20年 高松赤十字病院 勤務
    平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

     

    平成26年10月~ 池袋サンシャイン通り眼科診療所 勤務

  • 初めての方でもご予約できます。

視能訓練士 常勤2名・非常勤3名 / 看護師 常勤1名・非常勤1名