2ウィークメニコンプレミオトーリック

メニコン

メニコン/2ウィークメニコンプレミオトーリック
医療用具承認番号:22000BZX00047

メニコン独自の回転抑制デザイン

乱視用レンズは装用している時の安定性が、見え方に大きく影響します。安定させる為のデザインとしては、「プリズムバラスト」と「スラブオフ」と2種類の方法がありますが、プレミオトーリックは両方を組み合わせた「ハイブリッドトーリックデザイン」が採用されています。また、レンズの直径が14.0mmと乱視用レンズの中では小さく、付けやすくなっています。

ハイブリッドトーリックデザインについて

上下方向が非対称で薄くなっているダブルスラブオフで、更に左右の部分にプリズムバラストが加味されています。これによって、安定性が増していますが、上下方向が非対称なので装用する際には、レンズの上下を確認する必要があります。

シリコーンハイドロゲル素材である長所

高酸素透過性ですから酸素の供給が良く、長時間装用していても眼に負担がありません。また、酸素の透過性が良い素材は含水率を低く出来るので、装用時の乾燥感が減る可能性も大いに期待できます。装用時間が長く、眼の乾きに悩んでいる方は、是非、お試しください。

製品スペック

交換期限 2週間
ソフトコンタクトレンズ分類 グループI(非イオン性・低含水)
含水率 40%
ベースカーブ 8.5mm
直径 14.0mm
中心厚 0.08mm
球面度数 S±0.00~-5.00(0.25D間隔)
S-6.50~-10.00(0.50D間隔)
乱視度数 -0.75~-1.75(-0.50間隔)
乱視軸度 180°,90°
※-1.75は軸度180°のみ

コンタクトレンズ診療担当医紹介

  • 新川医師
  • 常勤: 新川 恭浩
    (日本眼科学会認定 眼科専門医)

    所属学会:日本眼科学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会

    眼科PDT認定医(PDT認定医とは認定医一覧)、身体障害者福祉法第15条に基づく指定医

    経歴

    平成13年 熊本大学医学部 卒

     

    平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
    平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
    平成20年 高松赤十字病院 勤務
    平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

     

    平成26年10月~ 池袋サンシャイン通り眼科診療所 勤務

  • 初めての方でもご予約できます。

  • 奥山医師
  • 非常勤: 奥山 真也
    医学博士

    経歴

    2003年 新潟大学医学部卒
    2003年 新潟大学病院 眼科学教室 入局
    2009年 新潟大学医学部大学院卒
    2004年 鶴岡市立荘内病院 眼科
    2009年 長岡中央綜合病院 眼科
    2011年 新潟県立十日町病院 眼科
    2012年 長岡赤十字病院 

    主な論文

    Protective effects of free radical scavengers on transient ischemia-induced retinal ganglion cell death

  • 初めての方でもご予約できます。