アキュビューオアシス

ジョンソンエンドジョンソン

ジョンソンエンドジョンソン/アキュビューオアシス
医療用具承認番号:22200BZX00226000

国内初の2週間使い捨てシリコンハイドロゲルコンタクトレンズ

シリコンハイドロゲル(以下シリコン)のコンタクトレンズはチバビジョン社が「O2オプティクス」というレンズを既に発売していましたが、1ヶ月交換のコンタクトレンズであることと素材が若干硬かったため 2週間使い捨てコンタクトレンズのユーザーには受け入れられなかった方も多かったようです。
元々、シリコンという素材ですと作りが従来のソフトコンタクトレンズよりも硬めになってしまう傾向があるようですが、オアシスはその点も克服していて装用感が合わないというケースは本当に極まれです。
このコンタクトレンズの登場からシリコン素材のコンタクトレンズの注目度が高まり、今では 2週間使い捨てを使用している方の半数近くがシリコンレンズの使用者だそうです。

同時に発売された「アドバンス」との違い

ジョンソン・エンド・ジョンソンはオアシスと同時にアドバンスというレンズを発売しました。どちらもシリコン素材のコンタクトレンズですが、アドバンスは海外ではオアシスより2年程早くから発売されていました。シリコン素材ですから長時間装用しても十分な酸素透過量がありますが、オアシスは含水率がアドバンスより低いので、乾きを減らしたい方はオアシスをお試し下さい。

シリコン素材の長所

従来のソフトコンタクトレンズの最大の短所は酸素の透過性が良くないことでした。
このため、12時間以上の長時間装用は眼に影響を受けやすいと言われていました。
しかし、シリコンだと裸眼でいるのとほぼ同じくらいの酸素が透過しますので、長時間装用しても安心して使えます。
更に、酸素の透過性が高い素材は素材の持つ水分率(含水率)を下げても良くなります。
含水率が高いと、素材の酸素透過性の低さを多少助けてくれるのですが、その代わりにレンズから蒸発する水分量が多くなり、涙を多く吸い取られ、結果、装用時の眼の乾きが強くなります。
オアシスは従来タイプのレンズ装用時の眼の乾燥感が強かった方々にはかなり高い評価を受けています。
それは、素材の含水率が低い事だけではありません。

潤い効果の仕組み

先に述べたように含水率が低い方が眼の乾きは軽減されますが、オアシスにはもう1つ仕組みがあります。
それは、素材自体に保湿成分を混ぜ合わせていることです。この方法だと素材自体が保湿性を持ちレンズ自体が更に乾きにくくなるのです。
よって、含水率が低いこととのダブルの効果で、乾きの軽減が高い確率で実感できるコンタクトレンズとして評価されています。
UVカットと裏表のわかりやすいマーキングも付いています

製品スペック

交換期限 2週間
ソフトコンタクトレンズ分類 グループI(非イオン性・低含水)
含水率 38%
ベースカーブ 8.8mm、8.4mm
直径 14.0mm
中心厚 0.07mm
製作範囲 -0.50~-6.00(0.25D間隔)
-6.50~-12.00(0.50D間隔)
+0.25~+5.00(0.25D間隔)

コンタクトレンズ診療担当医紹介

  • 新川医師
  • 常勤: 新川 恭浩
    (日本眼科学会認定 眼科専門医)

    所属学会:日本眼科学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会

    眼科PDT認定医(PDT認定医とは認定医一覧)、身体障害者福祉法第15条に基づく指定医

    経歴

    平成13年 熊本大学医学部 卒

     

    平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
    平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
    平成20年 高松赤十字病院 勤務
    平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

     

    平成26年10月~ 池袋サンシャイン通り眼科診療所 勤務

  • 初めての方でもご予約できます。

  • 奥山医師
  • 非常勤: 奥山 真也
    医学博士

    経歴

    2003年 新潟大学医学部卒
    2003年 新潟大学病院 眼科学教室 入局
    2009年 新潟大学医学部大学院卒
    2004年 鶴岡市立荘内病院 眼科
    2009年 長岡中央綜合病院 眼科
    2011年 新潟県立十日町病院 眼科
    2012年 長岡赤十字病院 

    主な論文

    Protective effects of free radical scavengers on transient ischemia-induced retinal ganglion cell death

  • 初めての方でもご予約できます。