メダリスト66トーリック

ボシュロム

ボシュロム/メダリスト66トーリック
医療用具承認番号:21100BZY00282000

装用感の良さに定評がある商品。

高い回転抑制力

ボシュロム社は使い捨てレンズ以前から乱視用には定評がありましたが、その最大の理由は回転を抑え見え方の安定性が高いことです。その技術はメダリスト66トーリックにも引き継がれていて、良い見え方を求めている方には使っている方が非常に多いです。しかし、安定性を高める為にコンタクトレンズが厚くなっていて、またその為に含水率も高くなっています。なので、装用感や装用時の乾燥感では悩んでいる方も多いようです。

*従来タイプのソフトコンタクトレンズの材質は酸素が通りにくく、レンズに含まれる水分を介して眼に酸素が送られてきます。厚みが増すとより酸素の透過性が落ちてしまうので、水分率が高めになっています。

視力矯正効果が安定している

レンズの回転抑制がしっかりしていると、見え方にバラツキが出る事がなくなり安定した視力が得られます。また、先にレンズの厚みが他のコンタクトレンズに比べ厚いことは述べましたが、厚みや含水率は、視力強制効果に影響を与えることもあるようです。乱視がある方の場合に、厚みがあるレンズ、含水率の高いレンズの方が低めの度数でも視力が出る事があります。具体的には、他のコンタクトレンズで乱視-1.75を使用していた方が、このコンタクトレンズに変えたら乱視-1.25で同じ見え方になったり、逆に他のレンズに変えたら、度数を強くしないと以前より見えずらいということもあるようです。

レンズデザインはプリズムバラストです。

製品スペック

交換期限 2週間
ソフトコンタクトレンズ分類 グループII(非イオン性・高含水)
含水率 66%
ベースカーブ 8.5mm
直径 14.5mm
中心厚 0.195mm
球面度数 S±0.00~-5.00(0.25D間隔)
S-5.50~-9.00(0.50D間隔)
乱視度数 -0.75~-2.75(-0.50間隔)
乱視軸度 10°,20°,160°,170°,180°,90°

コンタクトレンズ診療担当医紹介

  • 新川医師
  • 常勤: 新川 恭浩医師
    (日本眼科学会認定 眼科専門医)

    所属学会:日本眼科学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会

    眼科PDT認定医、視覚障害者認定医

    経歴

    平成13年 熊本大学医学部 卒

     

    平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
    平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
    平成20年 高松赤十字病院 勤務
    平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

     

    平成26年10月~ 池袋サンシャイン通り眼科診療所 勤務

  • 初めての方でもご予約できます。

視能訓練士 常勤2名・非常勤3名 / 看護師 常勤1名・非常勤1名