メダリストⅡ

ボシュロム

ボシュロム/メダリストⅡ
医療用具承認番号:21600BZY00521000

均一な厚み

均一な厚みになるよう工夫したデザインにより、まばたきをした時もコンタクトレンズの形状を正しく保ち、安定した視界が得られます。

一般のソフトレンズ
レンズの厚みに違いがあるため、薄い周辺部がよれることがあります。
メダリストⅡ

メダリストⅡ
レンズの厚みが均一なので、目の上でコンタクトレンズの形状が安定しています。
メダリストⅡ

汚れが付きづらい素材

ソフトコンタクトレンズは「イオン性」と「非イオン性」の2種類に分けられます。コンタクトレンズの主な汚れであるたんぱく質は、プラスの電気を持っているためマイナスの電気を持つイオン性のコンタクトレンズに付きやすい傾向があります。メダリストⅡは汚れが付きづらい非イオン性。快適な装用感が続きます。

安定性があるレンズ形状

形がしっかりしているので指に乗せてもコンタクトレンズの形が崩れにくく、つけはずしが簡単です。

製品スペック

コンタクトレンズ診療担当医紹介

  • 新川医師
  • 常勤: 新川 恭浩
    (日本眼科学会認定 眼科専門医)

    所属学会:日本眼科学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会

    眼科PDT認定医(PDT認定医とは認定医一覧)、身体障害者福祉法第15条に基づく指定医

    経歴

    平成13年 熊本大学医学部 卒

     

    平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
    平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
    平成20年 高松赤十字病院 勤務
    平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

     

    平成26年10月~ 池袋サンシャイン通り眼科診療所 勤務

  • 初めての方でもご予約できます。

  • 奥山医師
  • 非常勤: 奥山 真也
    医学博士

    経歴

    2003年 新潟大学医学部卒
    2003年 新潟大学病院 眼科学教室 入局
    2009年 新潟大学医学部大学院卒
    2004年 鶴岡市立荘内病院 眼科
    2009年 長岡中央綜合病院 眼科
    2011年 新潟県立十日町病院 眼科
    2012年 長岡赤十字病院 

    主な論文

    Protective effects of free radical scavengers on transient ischemia-induced retinal ganglion cell death

  • 初めての方でもご予約できます。