2weekfineUVプラス

シード

シード/2weekfineUVプラス
医療用具承認番号:23000BZX00075000

乾きにくく、汚れを引き寄せにくい非イオン性低含水コンタクトレンズ

コンタクトレンズ装用時に眼が乾燥するのはレンズの含水率や、レンズの汚れ等が原因です。ソフトコンタクトは種類により差はありますが、レンズが水分を含んでいます。この水分は装用時にも空気中に蒸発し、蒸発した分だけ涙を吸い取ってしまいます。この仕組みが、ソフトコンタクト装用時の眼の乾きの、最大の原因と言われています。高含水(レンズの水分量が多い)レンズは蒸発する水分も多いので、吸い取る涙の量も多くなり、逆に、低含水のレンズは蒸発量が少ないので、吸い取る涙の量も高含水タイプに比べれば少なく、装用時の眼の乾燥感の軽減には効果が期待出来ます。
また、イオン性のコンタクトレンズはマイナスイオンを帯びているため、汚れが付きやすくなっています。汚れがついた部分は乾燥しやすくなるのですが、非イオン性のレンズはたんぱく質などの汚れが付きづらいので、このような状態になりにくいです。

UVカット加工

シミなど肌の色素沈着の原因となる紫外線(UV)は、白内障などの眼病を引き起こす原因のひとつといわれています。
「2weekfineUVプラス」は、UVカット加工がされていますので、紫外線の眼への影響を気にされる方にはお奨めです。

天然のうるおい成分~瞳にうるおいを~

レンズの保存液に天然保湿成分「アルギン酸」を新配合。瞳の中の水分を引き寄せ、レンズ表面に涙をとどめる働きがあります。
※アルギン酸は、コンブやワカメなどの海藻類から抽出される天然保湿成分です。

製品スペック

交換期限 2週間
ソフトコンタクトレンズ分類 グループI(非イオン性・低含水)
含水率 38%
ベースカーブ 8.7mm
直径 14.0mm
中心厚 0.07mm
製作範囲 -0.25~-6.00(0.25D間隔)
-6.50~-12.00(0.50D間隔)

コンタクトレンズ診療担当医紹介

  • 新川医師
  • 常勤: 新川 恭浩医師
    (日本眼科学会認定 眼科専門医)

    所属学会:日本眼科学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会

    眼科PDT認定医、視覚障害者認定医

    経歴

    平成13年 熊本大学医学部 卒

     

    平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
    平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
    平成20年 高松赤十字病院 勤務
    平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

     

    平成26年10月~ 池袋サンシャイン通り眼科診療所 勤務

  • 初めての方でもご予約できます。

視能訓練士 常勤2名・非常勤3名 / 看護師 常勤1名・非常勤1名