DRI OCT Triton(3次元眼底像撮影装置)

DRI OCT Triton(3次元眼底像撮影装置)

OCT(Optical Coherence Topography:光干渉断層計/シラスHD-OCT400)とは、網膜の断層画像を撮影する検査です。眼底疾患の有無を調べることが出来ます。
眼の断面図を測定し、断面のデータや3Dの立体解析も可能ですので、診察だけでは分かりにくい網膜の状態を明らかにし、網膜の病気に対する治療方針の決定や、治療効果の判定に役立てることができます。

DRI OCT Triton(3次元眼底像撮影装置)

OCTを必要とするぶどう膜炎以外の代表的な疾患は、加齢黄斑変性黄斑上膜黄斑円孔などの疾患が挙げられます。これらの黄斑部疾患や網膜疾患を早期発見するためにもOCT検査は有効です。
また、視神経と網膜神経線維層の断層画像を撮影することもできるので、視野が欠ける(自覚)症状が現われる前に緑内障による網膜視神経線維層の欠損を捉えることができます。

DRI OCT Triton(3次元眼底像撮影装置)の撮影画像

・視神経乳頭形状解析レポート
視神経乳頭形状解析レポート

・ラジアルスキャンレポート
ラジアルスキャンレポート

担当医紹介

非常勤: 本間 慶 (日本眼科学会認定 眼科専門医)