眼瞼皮膚弛緩症(がんけんひふちかんしょう)

眼瞼皮膚弛緩症/まぶた

眼瞼皮膚弛緩症とは

偽眼瞼下垂と言われ、瞼を挙げる力はあるのですが、瞼の皮膚がたるんでくるため眼瞼下垂のような容姿になる病気のことです。 原因の多くは加齢性によるもの、また顔面神経の麻痺後の後遺症によるものもあります。

眼瞼皮膚弛緩症

症状

瞼が垂れさがってくるため上方の視野が瞼により遮られてしまいます。 また上方の視界をよく見る為には普段よりもより過剰な筋肉の力で瞼を挙げようとしますので眼の疲れを起こしやすくなってきます。

検査

検査においてはまずはどのタイプの眼瞼下垂か判定する必要があります。 そのためには視力検査、眼圧検査等の基礎検査に加えて、瞼を挙げる筋肉である上眼瞼挙筋の筋肉の活動がどれくらいであるのかを測定します。  ※写真においても記録として残しておくために各方向をみた時の写真も記録する場合もあります。

瞼挙筋機能検査(levator function)

下を向いた時と上を向いた時における上瞼の活動量を測定します。 正常にて15mm以上の筋肉の活動量がありますが、眼瞼下垂においては活動が不十分であり先天性のもので4mm以下、後天性のもので8mm以下が多いとされています。 眼瞼皮膚弛緩症では筋肉の動きは年齢にもよりますがほぼ正常の値となります。

瞼縁膜反射間距離(MRD測定)

眼瞼下垂の程度判定と左右差の有無を調べるための検査です。 角膜に光を当て上下瞼までのそれぞれの距離を測定します。 そのほかにも当院では施行できませんがCTやMRIの頭蓋内の検査や血液検査を行う場合もあります。

治療

眼瞼皮膚弛緩症に関して治療を行う目処としては視野に影響を促して日常が不便と感じてくると治療の対象となります。 筋肉は正常に動いており、皮膚がたるんでいるために起こる疾患ですのでたるんだ皮膚を切除することで眼瞼下垂のような見かけも視野への影響、さらには眼の周りの疲れも軽減されます。 他にも眼瞼下垂に対して行う治療としては筋肉の活動を助けるように筋肉を元の位置に戻す、または本来の位置よりも短縮させてより少ない力で瞼が上がるように手術を行います。

当院では土曜日に眼形成診療を担当Drがいます。眼瞼下垂やその他気になる症状があれば受診の上ご相談下さい。

眼形成診療担当医紹介

視能訓練士 常勤2名・非常勤3名 / 看護師 常勤1名・非常勤1名