眼瞼下垂(がんけんかすい)

眼瞼下垂/まぶた

眼瞼下垂とは

まぶたの筋肉または神経の異常によってまぶたが垂れ下がった状態で、眼を普通に開眼したとき、まぶたが瞳孔(黒目)にかぶさっており、しっかりとまぶたを上まで上げられない病気をいいます。

眼瞼下垂の原因

一般的に眼瞼下垂は先天性のものが多く、眼瞼挙筋(がんけんきょきん)の形成不全などで起こります。 片眼性の場合が多く、遺伝することもあります。 後天性の眼瞼下垂は、加齢による筋力の低下や皮膚のたるみによるものです。しかし、最近では目を酷使する行為、コンタクトレンズの長期装用、アレルギー疾患、過剰なメイクによってまぶたを擦ることで、著しく皮膚が弛緩してしまうことも少なくありません。

自覚症状

まぶたが垂れ下がる。瞳孔(黒目)に皮膚がかぶさることによる視力低下。

眼瞼下垂の治療

アレルギー疾患による場合は、抗ヒスタミン剤またはステロイド剤を服用します。
神経損傷による場合は、医師との相談のうえで外科手術を受けます。(当院では手術は行っておりませんが、診察の上他院を紹介いたします。)
その他の原因による場合は、医師の指示のもと、原因疾患の治療を行います。

眼形成診療担当医紹介

視能訓練士 常勤2名・非常勤3名 / 看護師 常勤1名・非常勤1名