ぶどう膜炎の検査

ぶどう膜炎の検査

ぶどう膜炎の発見には下記の検査を行います

眼圧検査

眼圧(目の堅さ)を測定します。機器は非接触式(TONOREF III)と、接触式(アプラネーショントノメーター)があります。
検査室では目に空気を当てる 非接触式の器械で測定をします。

眼圧検査

細隙灯顕微鏡検査

スリットランプマイクロスコープを使用し、前眼部(角膜・結膜・水晶体、虹彩、硝子体など)の状態を観察します。

細隙灯顕微鏡検査

隅角検査

隅角の状態を見る検査です。

隅角検査

眼底検査

目の奥の眼底(網膜・硝子体等)の状態を観察します。
より詳しく調べるには、目薬をさして瞳孔を広げる散瞳検査を行います。

眼底検査

DRI OCT Triton(3次元眼底像撮影装置)

DRI OCT Triton(3次元眼底像撮影装置)とは、網膜の断層画像を撮影する検査です。

DRI OCT Triton(3次元眼底像撮影装置)

担当医紹介

非常勤: 本間 慶 (日本眼科学会認定 眼科専門医)