多焦点眼内レンズの種類・ご料金

テクニスシンフォニー

テクニスシンフォニー

メーカー タイプ 金額(片眼)
AMO 焦点拡張型 ¥220,000

2017年に発売された焦点深度拡張型の多焦点眼内レンズです。焦点深度が深くなるような構造のため、50cm~1mほどの中間距離のピントが合いやすいことが特徴で、日常的な見え方の質に関しては単焦点眼内レンズのようなコントラスト感度が期待できるとされています。一方で手元~30cmの距離はピントがやや甘いため、眼鏡が必要になる場合があります。

テクニスシンフォニートーリック

テクニスシンフォニートーリック

メーカー タイプ 金額(片眼)
AMO 回折型
焦点深度拡張型
¥240,000

テクニスシンフォニーに乱視矯正機能を搭載したレンズです。

テクニスマルチフォーカル

テクニスマルチフォーカル

メーカー タイプ 金額(片眼)
AMO 回折型
2焦点
¥220,000

術後の眼鏡やコンタクトレンズへの依存度を低減し快適に生活できるように開発されたレンズです。加入度数が+2.75D/+3.25D/+4.0Dの3種類あり、手元のピントを合わせる距離を患者様のライフスタイルによって選ぶことが可能です。レンズの着色が薄く、コントラスト感度の低下が少ないとされています。

パンオプティクス

パンオプティクス

メーカー タイプ 金額(片眼)
アルコン 回折型
3焦点
¥330,000

日本国内初承認の3焦点眼内レンズで、遠方(5m以遠)・中間(60cm)・近方(40cm)の3点での見え方に優れています。88%の光透過率があり、すべての距離において鮮明で質の高い見え方が得られます。9割以上の方で眼鏡が不要になったという調査結果もあり、高い満足度を得ているレンズです。

パンオプティクストーリック

パンオプティクストーリック

メーカー タイプ 金額(片眼)
アルコン 回折型
三焦点
¥350,000

パンオプティクスに乱視矯正機能を搭載したレンズです。

テクニスシナジー

テクニスシナジー

メーカー タイプ 金額(片眼)
AMO 回折型
焦点深度拡張型+二焦点
¥280,000

手元の見え方を重視した2焦点眼内レンズの構造と中間から遠方の自然な見え方を重視した焦点深度拡張型レンズを組み合わせた連続焦点型レンズです。遠方から中間距離まで連続的な見え方を提供します。色ムラのないすぐれたコントラストの光学特性を有しており低照度条件下においても鮮明な見え方のレンズです。

テクニスシナジートーリック

テクニスシナジートーリック

メーカー タイプ 金額(片眼)
AMO 回折型
焦点深度拡張型+二焦点
¥300,000

テクニスシナジーに乱視矯正機能を搭載したレンズです。

クラレオンパンオプティクストリフォーカル

クラレオンパンオプティクストリフォーカル

メーカー タイプ 金額(片眼)
アルコン 回折型
三焦点
¥340,000

眼内レンズ素材Clareonにより長期間続くレンズの高い透明性の実現と、術後に起こる光の反射によって見える光輪の発生を低減します。また、近方(40cm)、中間(60cm)、遠方(5m以遠)に焦点を合わせ、実生活に適した近方から遠方まで距離がクリアに見えるように設計されています。

クラレオンパンオプティクストリフォーカルトーリック

クラレオンパンオプティクストリフォーカルトーリック

メーカー タイプ 金額(片眼)
アルコン 回折型
三焦点
¥360,000

クラレオンパンオプティクスに乱視矯正機能を搭載したレンズです。

※多焦点眼内レンズをご希望の方でも、その他の眼疾患の有無や職業によっては適応にならない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

>>前ページへ戻る

白内障治療担当医師

  • 新川医師
  • 常勤: 新川 恭浩
    (日本眼科学会認定 眼科専門医)

    所属学会:日本眼科学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会

    経歴

    平成13年 熊本大学医学部 卒
    平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
    平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
    平成20年 高松赤十字病院 勤務
    平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
    平成26年10月~ 池袋サンシャイン通り眼科診療所 勤務

  • 初めての方でもご予約できます。

常勤医師

  • 堀医師
  • 院長: 堀 好子
    (日本眼科学会認定 眼科専門医 医学博士)

    所属学会:日本眼科学会会員、日本眼科医会会員、日本角膜学会、 日本眼科手術学会、日本眼内レンズ屈折手術学会

    経歴

    昭和61年 岩手医科医学部 卒
    平成2年 岩手医科大学大学院 卒

    平成3年 岩手県立大船渡病院 眼科医長
    平成5年 岩手医科大学眼科助手
    平成5年 ハーバード大学スケペンス眼研究所勤務
    平成9年1月 東京歯科大学眼科勤務
    平成9年6月 南青山アイクリニック勤務
    平成20年 東京歯科大学市川総合病院勤務

     

    平成22年4月~ 池袋サンシャイン通り眼科診療所 管理医師就任

    主な論文

    The three-dimensional organization of collagen fibrils in the human cornea and sclera.(旧姓Komai)

  • 初めての方でもご予約できます。