DRI OCT Triton(3次元眼底像撮影装置)

DRI OCT Triton(3次元眼底像撮影装置)とは

OCT検査とは、近赤外光を利用して、網膜層の断面画像を撮ります。患者様には光を見ていただくだけの、負担の少ない検査です。
眼底検査を通常のレントゲン写真に例えるとすれば、OCTはレントゲン写真より情報量が多いCTやMRIに匹敵します。

網膜疾患、特に黄斑部病変の精密な診断が早期かつ正確に行うことが出来ます。

DRI OCT Triton(3次元眼底像撮影装置)

▼視神経乳頭形状解析レポート
視神経乳頭形状解析レポート

▼ラジアルスキャンレポート
ラジアルスキャンレポート

担当医紹介

常勤: 新川 恭浩 (日本眼科学会認定 眼科専門医)