レーザー虹彩切開術の流れ

レーザー虹彩切開術の流れ

  • 1.問診
    問診
    どういう症状があったか、あるいは、医師の紹介状をお預かりします。
  • 2.レーザー照射の前に目の状態を把握します。
    矯正視力検査
    矯正視力検査
    眼圧検査(非接触式眼圧測定)
    眼圧検査(非接触式眼圧測定)
    細隙灯顕微鏡検査
    細隙灯顕微鏡検査
  • 3.照射部位の状況やその他の眼底の状態を把握しレーザーの必要性や有効性を判断します。
    眼底検査
    眼底検査
    眼底カメラ
    眼底カメラ
  • 4.レーザー照射が必要と判断されると、医師からの[手術説明書・承諾書]

    医師の説明(現在の病状およびレーザー虹彩切開の必要性と今後の見込み、手術の方法、合併症の可能性と危険性) をお聞きいただいた後、承諾書にサインをしていただきます。

  • 5.血圧測定
    血圧測定
    検査しても全身に問題が起きないかを調べる為に血圧を確認します。
  • 6.縮瞳剤点眼
    縮瞳剤を点眼し、縮瞳します。
  • 7.縮瞳後、手術
    縮瞳後、手術
    手術では、レーザーを照射する度に「ピー」という音が聞こえるだけで痛みはほとんど伴いません。
    疾患の状態にもよりますが、手術自体は10~20分程度で終わります。

術後の経過について

術後は、経過観察が必要です。基本的には手術日より数日~1週間以内に再度眼底検査を受けていただきます。
その後は数ヶ月~半年、もしくは1年に1回程度の定期検査が必要となります。
※患者様の状態によって経過観察・定期検査の周期は異なりますので、必ず医師の指示に従うようにしましょう。

レーザー虹彩切開術にかかる費用

費用は30%負担で¥30,000~¥55,000となります。
通常、手術時間は準備を含めて30分~1時間程となり、術後は1週間~1ヶ月後に経過を観察しております。

担当医紹介

常勤: 新川 恭浩 (日本眼科学会認定 眼科専門医)

非常勤: 上田 高志 (日本眼科学会認定 眼科専門医  医学博士)