×

■代表的な眼の疾患

×

×

×

目の構造から病気を調べる

★各器官名をクリックすると、その部分に関連のある疾患を見ることができます。

後(眼)房 前(眼)房 角膜 虹彩 毛様体 シュレム氏管 脈絡膜 チン小帯 硝子体 水晶体 強膜 網膜 中心窩 視神経 視神経乳頭

各器官の働き

角膜 外膜を形成している透明な膜で光線の入り口。水晶体とともにレンズの働きをする。
強膜 角膜とともに眼球を形成する膜で、カメラのボディーに相当する。
虹彩 瞳孔散大筋と瞳孔活約筋があり、明暗によって眼内に入る光の量を調節する。
毛様体 虹彩を固定し、毛様体筋の緊張、弛緩によって水晶体の厚さを変えて網膜に像を結ぶようにピント合わせをする。また房水を産生する。
脈絡膜 毛様血管と色素に富み、網膜などへの栄養補給とカメラの暗室の役割をする。
網膜 カメラのフィルムに相当し、2つの視細胞で光を感じ電気信号に変換し脳に送る。
水晶体 カメラのレンズに相当し、毛様体と連動してピントを合わせる。
硝子体 眼球の大部分を構成しているゲル状の透明な物質で、光を透過させる。
房水
(前房・後房)
角膜や水晶体に栄養を与えている透明な液で、毛様体突起で産生され、眼圧を保つ働きをする。
結膜 眼球の露出部を保護し、眼球運動を容易にする。
視神経 網膜に到達した光の情報を電気信号に変えて視中枢に伝えるケーブルの役割をする。
中心窩 眼底網膜の中で最も視力のよい部分。

角膜の構造

角膜は角膜上皮、外境界板(ボーマン膜)、固有層(角膜実質)、内境界板(デスメ膜)、角膜内皮の5層からなり、血管がなく周辺の血管網と前房水、及び涙液から栄養を、そして大気や涙から酸素をとっています。
また角膜には豊富な神経終末が全面に分布していて、最も敏感な組織の1つです。
表層の角膜上皮は、5~6層の細胞からなり、外界に対するバリアーとして働き、異物、細菌等の通過を制限しています。

また加齢や、コンタクトの装用に伴い、酸素不足の状態が続くと角膜内皮の細胞が減少します。
一度減少した細胞は戻りません。
角膜の内皮細胞が減少しすぎた場合、角膜が白くにごり角膜混濁を起こします。
治療には角膜移植を選択するしかありません。
さらに手術によるダメージなどで、細胞が減少していると、白内障等の手術をうけることが出来なくなってしまいます。

当院では角膜内皮細胞顕微鏡検査(スペキュラ)機器での検査を受けることができます。
検査をご希望の方はお気軽にご相談ください。

■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。