池袋眼科/緑内障外来/池袋の眼科/豊島区池袋駅前の眼科・文京区・練馬区・板橋区・北区隣接/眼科池袋/

池袋眼科ホーム>緑内障

緑内障

40歳以上20人に1人罹患しているといわれる緑内障の概説です。詳しくは緑内障専門治療ページをご参照ください。当院では緑内障専門治療を設け、ゴールドマン視野計光干渉断層計(OCT)を 装備し、精密な緑内障の動態の把握と治療経過の評価をもとに、質の高い緑内障医療を行っています。 ご予約はこちら


緑内障専門ページへ
  緑内障とは

緑内障は、何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気です。

  原因

何らかの原因によって視神経が障害されるために起こります。以前までは眼圧が高くなることが原因で発症するとされてき増したが、現在では眼圧は正常値(10~21mmHg)である場合での発症が多く見られ、眼圧が一日のうちで正常範囲より高くなる時間がある場合や、視神経が圧迫に弱いために正常範囲の眼圧でも傷ついてしまう場合もあります。(正常眼圧緑内障)




  症状

一般的に自覚症状はほとんどなく、知らないうちに病気が進行していることが多くあります。
視神経の障害はゆっくりとおこり、視野(見える範囲)も少しずつ狭くなっていくため、目に異常を感じることはありません。
しかし、急性の緑内障では急激に眼圧が上昇し目の痛みや頭痛、吐き気など激しい症状をおこします。
時間が経つほど治りにくくなるので、このような急性閉塞隅角緑内障の発作がおきた場合はすぐに治療を行い、眼圧を下げる必要があります。

  緑内障の検査

緑内障の発見には下記の検査を行います

①眼圧検査

非接触式眼圧測定
機器は非接触式(ノンコンタクトトノメーター)と、接触式(アプラネーショントノメーター)があります。検査室では目に空気を当てる 非接触式の器械で測定をします。

②眼底検査

目の奥の眼底(網膜・硝子体等)の状態を観察します。より詳しく調べるには、目薬をさして瞳孔を広げる散瞳検査を行います。
散瞳すると、光をまぶしく感じたり、近くにピントが合わせづらくなり、近くの字がかすんで見えることがあります。散瞳している間は事務作業、戸外(明るい場所)での作業がしづらくなります。車やバイクの運転は事故につながるので、散瞳した日は運転しないようにしてください。ひとみの大きさは、薬の効果が切れれば元に戻ります。

③視野検査
  正常な視野 欠損が現れた視野   実際の見え方(イメージ)
黒い部分が、見えないところです。正常な視野では、盲点のみが黒くなっています。
④OCT(光干渉断層計)検査

視神経線維層の断層画像



  緑内障の種類

原発性閉塞隅角緑内障 水晶体と虹彩後面が接触して虹彩からの房水の流出が妨げられて突然に生じる緑内障(急性)。
原発性開放隅角緑内障 特に他の異常所見がなく、高眼圧状態が続くうちに発症するタイプ。
正常眼圧緑内障 眼圧が正常値であるのに発症するタイプ。日本人の緑内障は多くがこのタイプだと言われています。
続発性緑内障 角膜炎やぶどう膜炎など、元となる病気などが原因で発症するタイプ。
先天緑内障 生まれつき房水の出口が異常あり。その流出が悪いために眼圧が高くなり発症(乳児期に発症)。
発達性緑内障 生まれつき房水の出口が異常あり。その流出が悪いために眼圧が高くなり発症(成長過程に発症)。
ステロイド緑内障 ステロイド剤の副作用で発症するタイプ。
外傷性緑内障 鈍的外傷によって隅角部の血管が損傷を受けると前房中に出血し、血液がたまります(前房出血)。
前房出血の量が多いと血球成分が隅角の房水流出部につまって眼圧が上昇することがあります。
悪性緑内障 緑内障手術後に生じる。
混合型緑内障 いくつかの要因によって眼圧が上昇して発症したタイプ。
ポスナーシュロスマン症候群 片眼の虹彩毛様体炎とともに高眼圧をきたす発作を時々起こし発症するタイプ。
血管新生緑内障 糖尿病網膜症に血管新生が起こり、虹彩の血管新生から隅角癒着が起こり、高眼圧となり発症する。
高眼圧症 眼圧は高値で、視野は正常で眼底の視神経乳頭に明かな異常がない状態。眼圧の正常な人より緑内障に移行する可能性が高いので、定期検査が重要。

★緑内障チェック★
□40歳以上 □眼圧が高いと言われたことがある
□強度(-6.00D)以上の近視 □疲れやすい
□家族に緑内障の方がいる □糖尿病の方
  緑内障の治療

緑内障の治療は病気の進行をくい止めるため、眼圧を低くコントロールすることが最も有効とされています。
治療法としては薬物療法、レーザー治療や手術が一般的です。
レーザー治療や手術を受け眼圧が下降しても、その効果が維持されるとは限らず、再度手術を行う場合もあります。

・薬物療法
眼圧を下げるために使われる薬は、主に房水の産出量を減らしたり、房水の流れをよくする薬です。
まず点眼薬からはじめ、最初は1種類の薬で様子を見ながら、途中で薬を変更したり、また2~3種類を併用することもあります。
急性緑内障の場合や薬物療法で眼圧コントロールが不十分な場合、レーザー治療や手術を行います。
・お薬の分類

交感神経遮断薬・・・交感神経の受容体に対して、遮断(抑 制)的に作用するものをまとめて掲載してあります。房水の産生を抑制することで眼圧を低下させます。薬理学的なことは難しいので割愛させていただきます が、交感神経の受容体にはα1&2とβ1&2があることをご承知下さい。なおこの系統の薬は、その作用する機序により、喘息の誘発・悪化 や心臓病の悪化などの副作用が起こることがあるので、その危険がある人には禁忌(薬によっては慎重投与)ということになっています。

交換神経刺激薬・・・交感神経を刺激し、房水の産生抑制と房水の排出促進の作用によって眼圧を低下させます。塩酸ジピベフリンはプロドラッグと呼ばれる薬剤で、眼内でエピネフリンに変わることによって効果を発揮します。

副交感神経刺激薬・・・副交感神経を刺激することによって、房水の排出を促進させ眼圧を低下させます。また、瞳を閉じる作用もあります。

プロスタグランジン関連薬・・・炎症に関係する物質ですが、その代謝物が房水の 排出促進作用により眼圧を低下させることが明らかとなり、現在2種類の薬が市販されています。これ自体で眼圧を低下させますが、交感神経遮断薬と併用する とさらに効果的です。ただし、この組み合わせにより角膜に傷がつくことがあり、注意が必要です。

炭酸脱水酵素阻害薬・・・毛様体(房水を作るところ)にある炭酸脱水酵素を阻害して、房水産生を抑えて眼圧を下げる薬です。以前は飲み薬しかなく、腎臓・尿道結石などの副作用が問題でしたが、現在はそのような副作用の心配がほとんどない点眼薬も市販されました。


分類 薬剤名 画像 用法
容量
説明
交感神経遮断薬 ピバレフリン 1回1滴
1日1~2回
交感神経を刺激して房水の流出を促進し、眼圧を下げます。点眼回数は2回です。
チモプトール 1回1滴
1日2回
交感神経β受容体を遮断します。
強力な眼圧下降作用を持ちます。
チモプトールXE 1回1滴
1日1回

チモプトールの改良薬で、涙に触れると膜を作って長く効くため、1日1回の点眼で大丈夫です。

リズモンTG 1回1滴
1日1回

体温で温められることによって膜を作ります。

ミロル 1回1滴
1日1回、2回まで可
α1とβ受容体を遮断します。効果が持続するので、原則的に1日1回となります。
ハイパジール 1回1滴
1日2回

αとβ受容体を遮断する。眼底の血流も改善します。

ベトプティック 1回1滴
1日2回
β1受容体を選択的に遮断する。呼吸器疾患のある人にも使えます。
ミケラン 1回1滴
1日2回
交感神経β受容体を遮断します。
血管に対する副作用が少ないです。
ミケランLA 1回1滴
1日1回
β受容体遮断作用により房水産生を抑制し、眼圧を下げます。
交換神経刺激薬 ニプラノール 1回1滴
1日2回
点眼することによって,眼の交感神経β受容体とα1受容体の遮断作用を現し,緑内障など眼圧の上昇による症状を改善します。
デタントール 1回1滴
1日2回
末梢の血管を拡張することで血圧を下げます。
心血管系の交感神経α1-受容体を選択的に抑制することで血圧を下げます。
ベトプティックエス 1回1滴1日2回(症状により適宜増減あり。) β受容体を遮断し、房水とよばれる目の中の液の産生を減らすことにより、目の中の圧力(眼圧)を下げ、視野の悪化を抑えます。

副交感神経刺激薬 サンピロ 1回1~2滴
1日3~5回
瞳が閉じるので暗く感じます。
プロスタグランジン
関連薬
レスキュラ 1回1滴
1日2回
視神経保護作用と眼血流量増加作用により、正常眼圧緑内障をはじめとする緑内障および高眼圧症の患者さんの視野を長期に維持する優れた治療効果が認められています。
キサラタン 1回1滴
1日1回
房水流出経路からの流出を促進することにより、眼圧を下げます。
トラバタンズ 1回1滴
1日1回
房水とよばれる目の中の液の排泄を促進することにより、目の中の圧力(眼圧)を下げ、視野の悪化を抑えます。
タプロス 1回1滴
1日1回
目の中の液(房水)の流出を促進し、眼圧を下げます。
ルミガン 1回1滴
1日1回
プロスタマイド受容体に作用し、ぶどう膜流出路を介して、房水とよばれる目の中の体液の排出を促進して眼圧を下げます。
炭酸脱水酵素
阻害薬
トルソプト 1回1滴
1日3回
他剤で十分な効果が得られない場合のみ併用
エイゾプト 1回1滴
1日2回
房水とよばれる目の中の液の産生に関係する酵素(炭酸脱水酵素)を阻害し、房水の産生を減らすことにより、目の中の圧力(眼圧)を下げ、視野の悪化を抑えます。
通常、緑内障、高眼圧症の治療に用いられます。

配合点眼液 デュオトラバ 1回1滴
1日1回
房水の産生を減らすとともに、その排泄を促進することにより、眼圧を下げ、視野の悪化を抑えます。
ザラカム 1回1滴
1日1回
目の中の液(房水)の産生を抑制し、房水流出経路からの流出を促進することにより、眼圧を下げます。
コソプト 1回1滴
1日2回
配合成分の炭酸脱水酵素阻害作用およびβ受容体遮断作用によって房水の産生を減らすことにより、眼圧を下げ、緑内障による視野の悪化を抑えます。
アドレナリンα2受容体作動薬 アイファガン 1回1滴1日2回 アドレナリンα2受容体に作用し、房水とよばれる目の中の体液の産生を減らし、また、ぶどう膜流出路からの排出も促進して眼圧を下げます。
Rhoキナーゼ阻害薬 グラナテック 1回1滴1日2回 世界初の「ROCK(Rhoキナーゼ)阻害作用」を有する緑内障治療点眼薬です。既存の緑内障点眼薬と併用して使用することで眼圧を下降させる効能があります。


閉塞隅角緑内障の発作時に有効な治療法として、点滴療法となります。

 ・点滴療法
マンニトール
20% マンニトール溶液1回1.0~3.0g/kg を30~45分で点滴静注します。眼圧が最低値に達するのは60~90分後で,眼圧下降の持続は4~6時間です。マンニトールは腎から排泄されるため,腎 障害で排泄が減少していると血漿浸透圧が上昇し循環血漿量が増加することにより急性腎不全を来すことがあります。また,急性緑内障では発作時にはすでに嘔 吐により脱水に陥っていることがあるが,マンニトールの利尿作用により脱水が悪化する可能性があります。グリセオール:300~500mlを45~90分 で点滴静注する。点滴開始から30~135分で最低眼圧に達し、効果持続時間は約5時間です。代謝過程でぶどう糖を生じ,また,1L あたり637kcalのエネルギーを有することから,糖尿病患者への投与には注意が必要です。


急性緑内障の場合や薬物療法で眼圧コントロールが不十分な場合、レーザー治療や手術を行います。
・レーザー治療
レーザーを虹彩にあてて穴を開けたり、線維柱帯にあてて房水の流出を促進します。
比較的安全で痛みもなく、入院の必要もありません。
    →治療機器について
    →手術までの流れについて

・手術
房水の流れを妨げている部分を切開し、流路をつくって房水を流れやすくする方法や、毛様体で房水の産出を抑える方法などがあります。 

緑内障は自覚症状のないまま進行することが多い病気です。
40歳以上を過ぎたら1年に1回は必ず眼科で検査を受けることをおすすめします。

   

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。


■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名


診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般外来

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。