182.治療用コンタクトレンズ

こんにちは。池袋サンシャイン通り眼科診療所です。
皆様体調にお気をつけ下さい。

今回のテーマは「治療用コンタクトレンズ」です。


コンタクトレンズは、視力補正の目的で処方される通常のものの他に、目の病気の方への治療の一環として用いられる、治療用コンタクトレンズも存在します。治療用コンタクトレンズは、白内障などの手術後に目を保護する為に使うものや、円錐角膜という目の疾患の方に用いられるものなど、様々な用途・材質のものが存在します。


● 術後の角膜保護のためのコンタクトレンズ
白内障など目の手術を受けた直後の傷口の保護、角膜の疾患があり眼を保護する必要がある場合に、透明な絆創膏としてソフトコンタクトレンズが用いられる事があります。コンタクトの着脱は基本的に病院にて医師が行います。またコントクトの上から治療用の目薬を点眼する事により、薬を眼に長く留まらせる効果を狙う場合もあります。すべては、医師の具体的な指示の上で行います。


● 円錐角膜の治療に対するコンタクトレンズ
円錐角膜とは角膜に起こる非炎症性変性疾患で、角膜が薄くなり、前方へ円錐状に突出してくる進行性の病気です。多くは両眼性で、初期の段階では診断がつきにくく乱視と診断されることもよくあります。進行の度合いは人により様々で、数ヶ月の間に進行する場合もありますが、何年もかけて進行する場合もあります。若年層の発症が多く、10代~20代が最も重くなり、その後は進行が徐々に治まっていくケースが一般的です。発症率は診断技術の向上により、1000人に1人や2000人に1人とも言われています。20歳前後頃まで眼鏡あるいはソフトコンタクトレンズで矯正できた視力が矯正できなくなり、眼科を受診して診断されることが多くあります。
 原因についてですが、現在様々な研究がおこなわれていますがはっきりした原因はわかっていません。一般的には、遺伝性の病気ではないと考えられています。発症に性差(日本では男性:女性=3:1)があるため、ホルモンとの関連が推測されていますが、まだ確定しておらず、目をこするくせやアトピーとの関係が深いとも言われています。
 視力低下や見え方のゆがみが初期症状ですが、ごく初期には、まぶしさや光に過敏になるなど見え方に軽い変化がおこるだけです。右目と左目の症状に差があることもあります。病気が進行して、角膜の突出がつよくなり、角膜に濁りが生じると見え方にゆがみが生じます。また、角膜に浮腫(腫れ)がおこって突然視力が低下することもあります。この角膜の腫れは、角膜が円錐状に突出することによって、角膜の内面にある弾性繊維の膜に小さい裂け目が生じておこります。この角膜の腫れは数週間から数ヵ月間続きますが、裂け目が修復されると徐々に瘢痕組織に置き換わります。
その円錐角膜の治療には、原則としてハードコンタクトレンズを使用します。
多くの場合、ハードコンタクトレンズを使用することで、視力を維持することができるのと同時に、病気の進行を抑制することができます。どうしてもハードコンタクトレンズの異物感が耐えられない人には、ピギー・バック法といってソフトレンズの上にハードレンズを重ねる方法があります。円錐角膜が進行すると特別なデザインのハードコンタクトを装用しないと視力が得られなくなります。様々な種類のメーカー(メニコン、アイミー)、レンズがあるので自分に合った物を見つけることが大切です。また、年に数回コンタクトレンズのチェックと、進行の有無を調べる定期健診が必要です。
 ただし、ハードコンタクトを装用できない、装用しても視力が出なくなってしまった場合は、角膜移植などの手術が必要となってきます。


●その他にも
またコンタクトレンズは目に直接のるという構造上、眼鏡と比べて像の歪みや違和感が少ないという特徴があります。その性質を利用して、度の強い眼鏡では違和感が強くて眼鏡をかけていられない強度近視・遠視の方、左右の目の度数が大きく違うために両目で像の大きさが異なってしまい違和感を訴える不同視の方などにはコンタクトが向いている場合もあります。

●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
●無断での記事転載はご遠慮ください。
●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。
※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

池袋サンシャイン通り眼科診療所の
全ての医師の経歴はこちら

診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
休診日…12/31、1/1、1/2、1/3

夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。
※前日から当日にご予約の方は、検査や処置ができないことがあります。

WEBでの当日予約は朝11時まで可能です。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般眼科診療

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。

当院紹介

池袋サンシャイン通り眼科診療所の特色と、外来について

コンタクトデビューに親切な池袋の眼科です

学校の目の検査で異常があったら当院で診察できます