池袋眼科/FDTスクリーナー/池袋の眼科/豊島区池袋駅前の眼科・文京区・練馬区・板橋区・北区隣接/眼科池袋/

池袋眼科ホーム検査機器>FDTスクリーナー

FDTスクリーナー

 FDTとは
緑内障かどうかの判定は、視野検査の結果で行われますが、視野検査は暗室での長時間の検査のため負担がかかります。また、緑内障の疑いのある場合、治療が必要かどうか、定期的に視野検査を受ける必要があります。
FDTスクリーナーは、負担を軽減することができます。緑内障の疑いを簡単に判別する検査で、検査時間はわずか45秒程度です。緑内障が強く疑われる場合の検査でも、片眼4分程度で終了します。暗室ではなく、通常の照明下で検査を行うことができます。

 FDT の検査の仕方

FDT画面
医療用具承認番号 13BY0048

額を付け、中の画面を覗き、中央にあす黒い点見ます。
画面の中が"ブルブル揺れる"あるいは"チラチラ震える"のが解りましたら、手に持っているボタンを押して下さい。(揺れ・ちらつきは小さく揺れるなものや大きく震えるものがあり、全てが認識できるとは限りません)
大切なのは白い画面中央の黒い点から目を離さないことです。
画面を覗くと、あちらこちらでチラチラと縦縞の模様が揺れているので、練習のつもりで手に持ったポタンを押してみましょう。
ボタンは確実にしっかり押して下さい。また、長押しせずに、押したらすぐに離して下さい。

 FDTの検査結果の表れ方

視機能障害を調べる検査の一つが視野検査です。眼の神経には大きく分けて色・形・視力にかかわる細胞と,物の動き・ちらつきなどにかかわる細胞があります。FDTは、この"ちらつき"に反応する神経細胞が障害された場合に結果に影響が出ます。
緑内障は、早期発見が大切なので、 40歳以上の方は一度精密検査をされることをおすすめします。

提供メーカー
カールツァイスジャパンホームページ http://www.zeiss.co.jp/
独カールツァイス社ホームページ  http://www.zeiss.com/


上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

一般外来の予約をする
緑内障外来の予約をする


■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名


診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般外来

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。