池袋眼科/近視・遠視/池袋の眼科/豊島区池袋駅前の眼科・文京区・練馬区・板橋区・北区隣接/眼科池袋/

池袋眼科ホーム眼の病気を調べる>遠視

遠視

遠視の説明です。当院では、症状に応じてコンタクトレンズや眼鏡での矯正、点眼液等での治療を行っております。

ご予約はこちら


 遠視

正視の状態 目に入ってきた光は、①角膜②水晶体(レンズ)を通って屈折し、③網膜(スクリーン)に像を結びます。網膜でピントが合うように、②水晶体の厚さを調節します。屈折した光が網膜上の一点に集まり、網膜上で像を結んでいる状態を「正視」といいます。


遠視の状態

眼軸が短いために、網膜の後ろに焦点を結んでしまう状態を「遠視」といいます。
遠くや近くを見るために、ピント合わせの力(調節力)を必要とします。
症状は遠方視力の低下、かすみ、眼精疲労などがあります。それに伴い、肩こりや頭痛になる場合もあります。
遠視が軽度で調節力が十分にある場合は視力低下やかすみを訴えないことも多いです。
絶えず調節をして見ているので、目と体が疲れやすく、集中できないといった訴えもあります。
遠視の場合は眼疲労や頭痛から老視に早く気付きやすいといった特徴もあります。
※「遠視」は、眼鏡・コンタクトレンズ等で補正します。

コンタクトレンズについて詳しくはこちら

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気と症状の目次に戻る

 対象検査
1. オートレフラクトメーター、ケラトメーター

機械にて、遠視や近視、乱視がどの程度あるの確認します。

2. 視力検査

機械で測定した数値を参考に、検査員が近視や遠視を測定していきます。機械では、調節の機能により、正しい近視、遠視度数が出てこないためです。
視力検査時には、目を細めず、力をぬいて受けていただく、正しい度数が測定されやすいです。


 関連疾患
・近視
・仮性近視
・乱視
・老視
・視力低下
・弱視


■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名


診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般外来

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。