池袋眼科/ステロイド緑内障/池袋の眼科/豊島区池袋駅前の眼科・文京区・練馬区・板橋区・北区隣接/眼科池袋/

池袋眼科ホーム眼の病気を調べる>ステロイド緑内障

ステロイド緑内障


ステロイド緑内障の症状・原因の説明です。
ステロイド剤の副作用で発症するタイプの緑内障です。 ご予約はこちら

  ステロイド緑内障とは

ステロイドホルモンを含む薬物を継続的に使用すると房水流出が障害されて眼圧が上がることがあり、これにより発症した緑内障をステロイド緑内障と呼びます。ステロイド剤が原因であることを除けば病態は原発性開放隅角緑内障と同じです。ステロイドの中止によって房水流出が正常化して眼圧が下がることが多いのですが、もともと原発性開放隅角緑内障などの緑内障が存在していたと思われるケースもあり、必ず眼圧が正常化するとは限りません。眼圧の状態によって降圧治療が必要になります。この緑内障の起こりやすさには薬物の種類・投与方法と体質が関係することがわかっています。

  原因
内服などの全身投与と比べると点眼や眼瞼への軟膏塗布などの局所投与の方が眼圧上昇をきたしやすいといわれています。眼圧が上昇しやすい体質の人をsteroid responder(反応しやすい人という意味)と呼びます。Responderの人は強いステロイドの点眼薬を1~2週間続けただけで眼圧が高くなってしまうことがありますが、 responderでなくても長期にわたるステロイドの使用は眼圧を上昇させる危険があります。
ステロイド剤は白内障術後やぶどう膜炎などの眼内炎症の場合はもちろん、花粉症などのアレルギー性結膜炎やアトピー性皮膚炎などかなり広範囲の疾患に使用されていますので、連用する場合には定期的な検査が必要です。

  治療

ステロイド薬に起因する眼圧上昇の場合、ステロイド薬を中止することで眼圧が下がることもあります。

  関連疾患

・緑内障
・原発性閉塞隅角緑内障
・原発性開放隅角緑内障
・続発性緑内障
・先天緑内障
・発達性緑内障
・外傷性緑内障
・混合型緑内障
・正常眼圧緑内障
・悪性緑内障
・ポスナー・シュロスマン症候群
・ステロイド緑内障
・血管新生緑内障

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気と症状の目次に戻る


■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名


診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般外来

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。