池袋眼科/シェーグレン症候群/池袋の眼科/豊島区池袋駅前の眼科・文京区・練馬区・板橋区・北区隣接/眼科池袋/

池袋眼科ホーム眼の病気を調べる>シェーグレン症候群

シェーグレン症候群

シェーグレン症候群の症状・原因の説明です。当院では、点眼やプラグ治療を行っております。 ご予約はこちら


  シェーグレン症候群とは

涙が出にくい、唾液が出にくいことを特徴とする自己免疫病で、中年の女性によくみられ、わが国には約三万人の患者がいます。主に、涙腺や唾液腺などの外分泌腺に炎症が生じ、涙や唾液などが出にくくなる病気です。慢性関節リウマチや強皮症など、半数ほどが他の膠原病と合併しています。他の膠原病をともなわない場合は、乾燥症候群と呼ぶこともあります。


  原因

シェーグレン症候群は自己免疫です。遺伝、ウイルスなどの環境、免疫異常、女性ホルモンが要因として考えられています。これらの要因が複雑に関連し合って発症するとされていて、どれか一つだけで発祥するわけではありません。

  主な自覚眼症状
涙が出ない 、 異物感 、痒み、痛み、疲れ、物がよく見えない、 まぶしい、目やにがたまる等。

  主な治療方法

シェーグレン症候群を根本的に治癒させることは出来ません。よって、乾燥を軽快させたり、進行を防ぐことが治療の中心となります。目の乾燥、口の乾燥が進行すると、著しく生活に不便をきたします。エアコン、飛行機の中、風の強い場所、タバコの煙などの影響を受けやすくなります。症状の軽快のためには、規則正しい生活、休養、バランスのとれた食事、適度の運動、ストレスを取り除く等の配慮が必要です。//①点眼液による治療は、涙液分泌自体を促進させるものではなく、不足した涙液を人工涙液で補うものになります。点眼液は防腐剤を含まないものを使用することが望ましいでしょう。


①点眼液による治療
涙液分泌自体を促進させる薬物はなく、人工涙液点眼液で不足した涙液の補充を行う方法です。涙液分泌が少ない為に涙の循環が悪くなり点眼液に含まれる防腐剤などの添加物による副作用が起こりやすいので、点眼液は添加剤を含まないものを使用しましょう。


②涙点閉鎖による治療
涙点閉鎖による治療は、涙点の拡張・切開などの涙点形成術があります。また、涙は目の表面から蒸発する以外はほとんどが涙点から鼻に出る為、涙点を閉じて涙の流出を抑え、涙を眼の表面に十分に溜める方法があります。当院では「シリコン製涙点プラグ」と「コラーゲン製涙点プラグ」を利用した治療をしております。
  関連疾患
・ドライアイ
・スティーブン・ジョンソン症候群
・リウマチ

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気と症状の目次に戻る


■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名


診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般外来

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。