池袋眼科/視神経炎/池袋の眼科/豊島区池袋駅前の眼科・文京区・練馬区・板橋区・北区隣接/眼科池袋/

池袋眼科ホーム眼の病気を調べる>視神経炎

視神経炎


視神経炎の説明です。
当院では、瞳孔を広げて眼の奥(眼底)を詳しく診る眼底検査や視野検査を行っております。
ご予約はこちら


  視神経炎とは
視神経は、外界から入った視覚情報を脳に伝える電線の役割を果たします。この電線に何らかの障害が起きることを視神経炎と呼びます。

  視神経炎の分類

1.特発性視神経炎 20代から50代の女性に多い疾患です。急激な視力低下、眼球を動かす際に痛みを伴う眼球運動痛、見ようとするところが見えない中心暗点が主な症状です。
2.虚血性視神経症 側頭動脈炎などが原因の動脈炎性と、糖尿病・高血圧・動脈硬化などが原因の非動脈炎性があります。動脈炎性では急激な視力低下をきたします。視野障害は水平半盲(下半分あるいは上半分の視野欠損)や、中心暗点が主な症状です。
3.圧迫性視神経症 交通事故などで前額部(とくに眉毛の上や外側)を強打した場合に多く発症します。視神経が挫滅して、視力・視野障害が起こることがあります。
4.外傷性視神経症 交通事故などで前額部(とくに眉毛の上や外側)を強打した場合に多く発症します。視神経が挫滅して、視力・視野障害が起こることがあります。
5.中毒性視神経症 薬物により、視神経障害引き起こすこともあります。抗結核薬や、シンナーの誤飲の他、様々な薬物による中毒性視神経症が報告されています。急激な視力低下、中心暗点が主な症状です。
6.遺伝性視神経症 遺伝子の異常により発症するものです。遺伝性視神経症には、ミトコンドリア異常によるLeber遺伝性視神経症と、染色体異常による優性遺伝性視神経症があります。Leber視神経症は母系遺伝で、中等度~重度の視力低下を伴います。視力低下に反して、対光反応が良好であるのが特徴です。優性視神経症は、軽度~中等度の視力低下をきたし、中心暗点などの視野障害を伴うことがあります。
7.その他 その他の原因として、副鼻腔手術後 時間が経ってから腫瘍ができ、視神経を侵す「鼻性視神経症」や、ビタミンB群などの欠乏による「栄養欠乏性視神経症」などがあります。


  主な自覚症状

片眼または両眼の急激な視力の低下、視界の中心が見えない中心暗点、上または下半分の視野が欠ける水平半盲が主な症状で、眼球運動痛(眼球を動かす時に伴う痛み)などを伴うこともあります。
 
  視神経炎の検査

視力検査眼底検査視野検査 のほか、磁気共鳴画像(MRI)検査・血液検査・髄液検査などが必要に応じて行われます。


  視神経炎の治療

明らかな原因疾患があればその治療を、その他の場合は 安静と保存療法を行います。重症の場合は、副腎皮質ステロイド薬とビタミンB1、ビタミンB2を点滴などで全身投与しますが、ステロイド薬は副作用があるため、医師の指示に従って正しく投与することが大切です。

  関連疾患
・緑内障
・色覚異常
・脳梗塞
・心筋梗塞
・高血圧
・糖尿病
・高脂血症
・レーベル病


上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気と症状の目次に戻る


■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名


診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般外来

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。