池袋眼科/閃輝性融解/池袋の眼科/豊島区池袋駅前の眼科・文京区・練馬区・板橋区・北区隣接/眼科池袋/

池袋眼科ホーム眼の病気を調べる>閃輝性融解

閃輝性融解


閃輝性融解の症状・原因の説明です。
当院では、瞳孔を広げて眼の奥(眼底部)を詳しく診る眼底検査をしております。
ご予約はこちら


  閃輝性融解とは

閃輝性融解(硝子体閃輝症)とは、黄金色のキラキラと輝く小さな結晶が硝子体内に多数浮遊している状態を言います。これは肉眼でも確認できます。別名、眼コレステロール症と呼ばれており、黄金色の粒子はコレステロールの結晶です。結晶は硝子体繊維に付着しておらず、硝子体の下方部に沈殿しており、眼球運動により、硝子体内に舞い上がります。

  閃輝性融解の特徴

稀に重篤な眼疾患の末期にみられる症状で飛蚊症を伴う。粒が星状硝子体症より粗く大きいのが特徴となります。



  閃輝性融解の原因

重篤な眼外傷や眼内の炎症、網膜出血などにより、ぶどう膜や網膜の細胞が懐死し、代謝障害が起きると、硝子体内にコレステロールの結晶が出てくると言われています。

  閃輝性融解の検査

眼底検査・・・眼底や、硝子体の状態を詳しく調べる検査です。目薬で一時的に瞳孔を大きく開いて行います。光をまぶしく感じたり、近くピントが合わず、 手元が見えにくい状態が数時間続きますが、薬の効果が切れたころ自然に元に戻ります。全身疾患から原因を調べる場合、他科を受診しても頂く場合もあります。

  閃輝性融解の治療

眼組織の強い障害が起こっているため、原因疾患に対する治療および対象的に消炎剤投与などを行います。

  関連疾患
・硝子体出血
・星状硝子体症
・後部硝子体剥離
・飛蚊症
・硝子体混濁
・糖尿病性網膜症

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気と症状の目次に戻る


■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名


診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般外来

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。