池袋眼科/網膜格子状変性/池袋の眼科/豊島区池袋駅前の眼科・文京区・練馬区・板橋区・北区隣接/眼科池袋/

池袋眼科ホーム眼の病気を調べる>網膜格子状変性

網膜格子状変性


網膜格子状変性の症状・原因の説明です。
当院では、瞳孔を広げて眼の奥(眼底部)を詳しく診る眼底検査・レーザー治療をしております。 ご予約はこちら


  網膜格子状変性とは


網膜にもともと弱い部分がある場合、その部分がどんどん薄くなり、最終的に穴が開いてしまう場合もあります。
布をイメージするとわかりやすいかと思います。
布が弱くなった部分は薄くなり、繊維のあみあみが見えると思います。
網膜も同じような状態になります。これを網膜格子状変性(もうまくこうしじょうへんせい)と呼びます。

  網膜格子状変性の特徴

網膜格子状変性は生まれつき持っているのではなく、小児期から青年期に徐々に形成されていきます。
その割合は全人口の5~6%で、その約半数が両目に発生すると言われています。
また近視の人で10%、強度近視では20%の頻度でこの変性が発生する事が認められています。

  原因


原因には体質が関係していて、常染色体優性遺伝といわれ、かなり強い近視のある人やどちらかの眼に網膜剥離が起こったことのある人、飛蚊症光視症のある人などに起こりやすいといわれています。

  網膜格子状変性の症状

自覚症状はなく、眼底検査で発見されることが多いです。

  網膜格子状変性の検査

症状を詳しく聞いた後、視力や視野検査、目の精密検査が行われますが、最も重要な検査は眼底検査です。
眼底検査とは、散瞳薬を使って瞳孔を広げ、検眼鏡を使って瞳孔から眼球の奥の網膜の状態を調べます。

  網膜格子状変性の治療

眼底検査の結果、網膜が薄くなっているだけでなく、穴(網膜円孔)(網膜裂孔)が開いている場合は、網膜剥離の原因となることがあるのでレーザー治療をします。穴が開いていない場合でも、片方の目が網膜剥離になったことがある場合には、網膜の薄くなったところを囲むようにレーザー治療をします。
格子状変性の部分をレーザーで凝固したり(光凝固)、凍らせたり(冷凍凝固)して、破壊します。

  関連疾患
・網膜剥離
・網膜裂孔
・網膜格子状変性
・網膜円孔
・飛蚊症

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気と症状の目次に戻る


■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名


診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般外来

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。