池袋眼科/翼状片/池袋の眼科/豊島区池袋駅前の眼科・文京区・練馬区・板橋区・北区隣接/眼科池袋/

池袋眼科ホーム眼の病気を調べる>翼状片

翼状片

 
当院では、点眼による治療を行ないます。 ご予約はこちら


  翼状片とは

翼状片は、結膜(白目の部分)の下にある線維芽細胞が必要以上に増えて、角膜へ入り込んできたために生じたものです。結膜は巻き込まれて角膜へ入ってきます。
結膜には血管が豊富であり、そのため本来血管のない部位の角膜にその結膜が入るため黒目の部分が充血したように赤くみえるわけです。
翼状片は通常鼻側から角膜に侵入します。翼状片が中央へ進行するにつれその侵入した方向へ角膜が引っ張られ角膜の乱視が出現します。
さらに翼状片が黒目の中央にまで進行すれば視力は非常に低下します。

  主な原因

原因は不明ですが、高齢者に多く病気の発生には紫外線が関係しているといわれています。

  主な自覚症状

徐々に角膜(黒眼)に結膜(白眼)が伸びて侵入してくるので、鏡を見るとわかります。侵入した結膜は、通常 赤みを帯びています。
痛みもなく、ほかには症状はありませんが、放置して大きくなり角膜中央にかかると、視力が低下します。

  主な検査方法

細隙灯(さいげきとう)顕微鏡(スリットランプ)による検査で容易に診断できます。
  主な治療方法

翼状片自体は悪性の組織ではなく、症状がなければ放置しても問題はないのですが、充血や異物感が強くなってくれば点眼などの治療を行います。根本治療には手術が必要です。また、翼状片が瞳の近くまで伸びてくると乱視が発生して見えにくくなるため、この場合も手術が必要となります。ただし、手術を行っても再発することが多く、この傾向は年が若いほど顕著です。

 関連疾患
・アレルギー性結膜炎
・はやり目
・結膜結石
・瞼裂斑炎
・結膜フリクテン
・乾性角結膜炎(ドライアイ)
・細菌性結膜炎
・結膜下出血
・花粉症

上記は一般的な説明です。
症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

ご予約はこちらまで。
初めての方でもご予約できます。

→眼の病気と症状の目次に戻る


■全ての医師の経歴はこちら■

視能訓練士(常勤)3名、看護師(非常勤)1名


診療時間

診療時間

受付終了時刻
平日・土曜19:30
日曜・祝日18:30
休日(土曜/日曜/祝日)も診療する一般眼科です。
夜間受付のご案内

診療予約

お電話かWEBにて受け付けており、初めての方でもご予約できます。
※予約なしでも受診できます。
※土曜、日曜、祝日もご予約できます。

▼電話予約

03-3981-6363

▼一般外来

▼専門治療

●WEB予約方法

アクセス

池袋駅東口徒歩1分。
JR池袋駅東口を出てすぐの大通り(明治通り)を渡り、三菱東京UFJ銀行の右側の角を曲がっていただきますと「アイケアビル」の入り口がございます。入口は休日(土曜/日曜/祝日)も開いております。 中に入ると奥にエレベーターがありますので、5階へお越しください。